意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「出にくい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「出にくい」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「出にくい」という言葉を使った例文や、「出にくい」の類語を紹介して行きます。

出にくい

Meaning-Book
「出にくい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「出にくい」とは?意味
  • 「出にくい」の表現の使い方
  • 「出にくい」を使った例文や短文など
  • 「出にくい」の類語や類義語・言い換え


「出にくい」とは?意味

「出にくい」には、「外に出るのが難しい」という意味します。

  • 「出にくい」の読み方

「出にくい」の読み方

「出にくい」の読み方は、「でにくい」になります。



「出にくい」の表現の使い方

「出にくい」の表現の使い方を紹介します。

「出にくい」は、「外に出るのが難しい」「出場するのが難しい」ことを意味します。

そこで、どこかから外に出るのが難しいと感じた時、何かの大会などに出場するのが難しいと感じた時、「出にくい」という言葉を使ってみましょう。

例えば、トイレの個室に入った後で、トイレの中で同僚同士がケンカを始めたとします。

個室から出れば、ケンカの仲裁に入らなければならず、面倒だと思う人もいるでしょう。

このような場合、「トイレで喧嘩が始まり、個室から出にくい状況になった」などと、「出にくい」を使った文章にできます。

「出にくい」を使った例文や短文など

「出にくい」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「出にくい」を使った例文1
  • 「出にくい」を使った例文2

「出にくい」を使った例文1

「雨が降ると、なかなか家の外に『出にくい』」

この例文は雨が降ると億劫になるため、なかなか外に出るのが難しくなるという意味があります。

このように「出にくい」には、「外に出るのが難しい」という意味します。

傘を差せば問題ないのですが、心情的に出るのが難しくなる人もいるでしょう。

「出にくい」を使った例文2

「この大会は実力者がそろうため、決勝には『出にくい』」

この例文は、ある大会に、実力のある選手がそろっているため、勝ち抜いて決勝の舞台に上がるのは難しいという意味があります。

このように「出にくい」には、「出場するのが難しい」という意味があります。



「出にくい」の類語や類義語・言い換え

「出にくい」の類語や類似を紹介します。

  • 「出るのが難しい」【でるのがむずかしい】
  • 「出られない」【でられない】

「出るのが難しい」【でるのがむずかしい】

「出るのが難しい」は、「外に出るのが難しい」「出場するのが難しい」という意味があります。

「出にくい」と似た意味を持つため、言い換えに使える言葉になります。

「大通りに出るのが難しい」などという使い方をします。

「出られない」【でられない】

「出られない」には「外に出られない」「出場できない」という意味があります。

「穴から出られない」という文章には、「穴から外に出られない」という意味があります。

「大会に出られない」などという使い方をします。

icon まとめ

「出にくい」という言葉について見てきました。

外に出るのが難しい時、出場するのが難しい時に、「出にくい」という言葉を使ってみましょう。