意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「詰め込み」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「詰め込み」という表現を聞いたことがあるでしょうか。

教育学でも聞くことがあるかもしれません。

ここでは「詰め込み」という表現について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「詰め込み」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「詰め込み」の意味
  • 「詰め込み」の表現の使い方
  • 「詰め込み」を使った例文と意味を解釈
  • 「詰め込み」の類語や類義語


「詰め込み」の意味

「詰め込み」というのは「詰め込むこと」という意味です。

「詰め込む」というのは「ものを入れ物にいっぱい詰める」という意味もありますし、「たくさん食べる」「多くの人を限られた場所に無理矢理入れる」という意味もあります。

また、「いろいろな知識を無理に覚えさせる」という意味もあり、例えば「詰め込み教育」などと使われます。

  • 「詰め込み」の読み方

「詰め込み」の読み方

「詰め込み」の読み方は、「つめこみ」になります。

教育においてよく使われる表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「詰め込み」の表現の使い方

「詰め込み」の表現の使い方を紹介します。

「詰め込み教育」と言えば「もっぱら暗記による知識量の増大に比重を置いた教育方法」あるいは「知識の増大を目指す教育方法」という意味になります。

例えば歴史など、なぜこのような事件が起こったのかなどということではなくいつ、誰が、何をした、などという知識を増やさなければいけない場合に「詰め込み教育」と言われることがあります。

「詰め込み」を使った例文と意味を解釈

「詰め込み」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「詰め込み」を使った例文1
  • 「詰め込み」を使った例文2

「詰め込み」を使った例文1

「最近は詰め込み保育も多く、問題になっています」

「詰め込み保育」というのは「保育所に多人数の児童を入所させて保育をする」という意味です。

待機児童を減らすため、そして保育所の設置基準を緩和するために「詰め込み保育」が行われるようになりました。

その一方で保育士の負担が大きく、保育の質の低下や事故の増加が懸念されています。

その一方で待機児童が増えてしまうと女性が仕事に行けず、男女雇用機会均等法が促進できないなどという問題もあり、社会全体で解決しなければならない課題になりつつあります。

「詰め込み」を使った例文2

「詰め込み主義はもう古いと思います」

「詰め込み主義」というのは「学習者の関心や能力を無視して知識の注入や記憶を重視する教育方法」になります。

1970年代ごろから受験戦争とともに使われるようになった表現であり、最近はこれに変わって「ゆとり教育」と言われるようになりました。

その一方で大学受験等では「詰め込み」がいまだに重視されます。



「詰め込み」の類語や類義語

「詰め込み」の類語や類義語を紹介します。

  • 「詰める」【つめる】
  • 「押し込む」【おしこむ】

「詰める」【つめる】

「詰める」というのは「空いている場所を「満たすようにいっぱいに押し込む」という意味です。

「塞ぐ」という意味で使われることもあります。

「押し込む」【おしこむ】

「押し込む」というのは「無理に入り込む」「無理に詰め込む」という意味です。

「満員電車に客を押し込む」などと使われます。

icon まとめ

「詰め込み」というのは教育でよく使われます。

ぜひ覚えておきましょう。