意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「媒介」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「媒介」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「媒介」という言葉を使った例文や、「媒介」の類語を紹介して行きます。

媒介

Meaning-Book
「媒介」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「媒介」とは?意味
  • 「媒介」の表現の使い方
  • 「媒介」を使った例文や短文など
  • 「媒介」の類語や類義語・言い換え


「媒介」とは?意味

「媒介」には、「双方の間に立って、事をうまくまとめること」という意味があります。

  • 「媒介」の読み方

「媒介」の読み方

「媒介」の読み方は、「ばいかい」になります。



「媒介」の表現の使い方

「媒介」の表現の使い方を紹介します。

「媒介」は、「双方の間に立って、事をうまくまとめること」を意味します。

そこで、何か双方の間に立って、事をうまくまとめるものを見た時に、媒介という言葉を使ってみましょう。

例えば、人脈を築きたいと思っている人がいます。

新しい人脈を作るためには、まだ会ったことのない人と、自分との間を取り持ってくれる人が必要となるため、そのような人を探すかもしれません。

このような時「人脈を媒介してくれる人を探す」などと、「媒介」という言葉を使って、現在の状況を説明できます。

「媒介」を使った例文や短文など

「媒介」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「媒介」を使った例文1
  • 「媒介」を使った例文2

「媒介」を使った例文1

「蚊は血液を通じて、様々な病気を『媒介』する」

この例文は、人や動物の生き血を吸う蚊が、様々な病気を仲立ちするという文章になります。

このように「媒介」には、「双方の間に立って、事をうまくまとめること」という意味があります。

動物界では体に害をもたらさない病原菌が、蚊を「媒介」して、人間の体内に入ると、とても危険な伝染病になることがあります。

「媒介」を使った例文2

「どのような人でも、何かを考える時は、言葉を『媒介』している」

この例文は、どのような人でも、思考をする時、言葉が仲立ちの役目を果たしているという文章になります。

考えている時の頭の中を想像すると、様々な単語や文章が浮かんで、結びついたり離れたりするなど、言葉が「媒介」していると考えられます。



「媒介」の類語や類義語・言い換え

「媒介」の類語や類似を紹介します。

  • 「取り持つ」【とりもつ】
  • 「仲裁」【ちゅうさい】

「取り持つ」【とりもつ】

「取り持つ」には「両者の間に立って、うまくいくよう手助けをする」という意味があります。

「二人の間を取り持つ」という言葉には、「二人の間に立ち、恋愛や仕事などがうまくいくよう手助けをする」という意味があります。

「仲裁」【ちゅうさい】

「仲裁」「対立しているものの間に入り、おさまりがつくようにすること」を意味します。

「友達のケンカの仲裁に入る」という言葉には、「ケンカをしている友達の間に入って、仲直りをさせる」という意味があります。

「仲裁役を買って出る」などという使い方をします。

icon まとめ

「媒介」という言葉について見てきました。

両方の間に立って、仲立ちすることについて話す時、「媒介」という言葉を使ってみましょう。