意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「追撃」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「追撃」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「追撃」という言葉を使った例文や、「追撃」の類語を紹介して行きます。

追撃

Meaning-Book
「追撃」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「追撃」とは?意味
  • 「追撃」の表現の使い方
  • 「追撃」を使った例文や短文など
  • 「追撃」の類語や類義語・言い換え


「追撃」とは?意味

「追撃」には、「逃げる敵を追いかけて攻撃すること。追い討ち」という意味があります。

  • 「追撃」の読み方

「追撃」の読み方

「追撃」の読み方は、「ついげき」になります。



「追撃」の表現の使い方

「追撃」の表現の使い方を紹介します。

「追撃」は、「逃げる敵を追いかけて攻撃すること。追い討ち」を意味します。

そこで、逃げる敵を追いかけて、攻撃している様子を見た時などに、「追撃」という言葉を使ってみましょう。

例えば、河川敷などでケンカしている二人がいます。

ケンカがある程度続くと、どちらかが優勢になり、どちらかが逃げ出すかもしれません。

さらに優勢な側が、逃げた相手を追いかけて、攻撃を加えるかもしれません。

このような様子を見た時、「ケンカをして優勢な側が、追撃を加えている」などと、「追撃」という言葉を使ってみましょう。

「追撃」を使った例文や短文など

「追撃」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「追撃」を使った例文1
  • 「追撃」を使った例文2

「追撃」を使った例文1

「『追撃』の手を緩めずに、敵の全滅を狙う」

この例文は、逃げる敵を追いかけて、攻撃する手を緩めることなく、敵を全滅することを狙うという意味があります。

このように「追撃」は、「逃げる敵を追いかけて、攻撃すること」を意味します。

敵が逃げた後、態勢を整えて反撃してくるかもしれません。

そのような状況を避けるため、「追撃の手を緩めない」という選択肢もあるでしょう。

「追撃」を使った例文2

「『追撃』を避けるために、物陰に隠れる」

この例文は、追いかけてきて攻撃してくる敵を避けるため、物陰に隠れているという文章になります。

「追撃」されて致命傷を負わないためには、どのような場所に隠れてでも、攻撃をかわす必要があるでしょう。



「追撃」の類語や類義語・言い換え

「追撃」の類語や類似を紹介します。

  • 「二の矢三の矢」【にのやさんのや】
  • 「追討」【ついとう】

「二の矢三の矢」【にのやさんのや】

「二の矢三の矢」には「逃げる相手に更に攻撃を加えること」という意味があります。

矢を一度放つだけでなく、次の矢や、その次の矢を放つということから、生まれた言葉になります。

「逃走する敵に、二の矢三の矢を放つ」などという使い方をします。

「追討」【ついとう】

「追討」「追い、討ち取ること」を意味します。

「敵を追討する」という言葉には、「敵を追い、討ち取ること」という意味があります。

「追討をかわす」「追討に余念がない」などという使い方をします。

icon まとめ

「追撃」という言葉について見てきました。

逃げる敵を追いかけて、攻撃することを、一言で言い表す時、「追撃」という言葉を使ってみましょう。