意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「直面」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「直面」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「直面」という言葉を使った例文や、「直面」の類語を紹介して行きます。

直面

Meaning-Book
「直面」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「直面」とは?意味
  • 「直面」の表現の使い方
  • 「直面」を使った例文や短文など
  • 「直面」の類語や類義語・言い換え


「直面」とは?意味

「直面」には、「物事に直接対すること」という意味があります。

  • 「直面」の読み方

「直面」の読み方

「直面」の読み方は、「ちょくめん」になります。



「直面」の表現の使い方

「直面」の表現の使い方を紹介します。

「直面」は、「ある事柄に直接対すること」を意味します。

そこで、何かに直接、対する時、また誰かがそうしている様子を見た時に、「直面」という言葉を使ってみましょう。

例えば、他人の恋の話にばかり首を突っ込んでいた友達が、恋に落ちたとします。

この時、友達は初めて、恋愛というものに、直接対することになります。

このような様子を、「友達が初めて、恋愛に直面した」などと、「直面」という言葉を使って説明できます。

「直面」を使った例文や短文など

「直面」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「直面」を使った例文1
  • 「直面」を使った例文2

「直面」を使った例文1

「電車が遅れてしまい、遅刻の危機に『直面』する」

この例文は会社に向かう時、乗る予定だった電車が遅れてしまったため、遅刻をするという危機に直接対することになってしまったという意味があります。

このように「直面」には、「ある事柄に直接対すること」という意味があります。

普段遅刻をしたことがなく、遅刻が他人事のようだった場合、「直面」して慌ててしまうかもしれません。

「直面」を使った例文2

「40代になり、結婚できないかもという恐怖に『直面』した」

この例文は、40代に入った時に、初めて結婚できないかもしれないという恐怖心と直接対したという文章になります。

それまでは「いつかは結婚できるだろう」と楽観的に考えていたか、そもそも結婚について考えたことがなかったかもしれません。

このように様々な恐怖に対して、「直面」して初めて、その怖さを理解できるかも知れません。



「直面」の類語や類義語・言い換え

「直面」の類語や類似を紹介します。

  • 「向き合う」【むきあう】
  • 「面と向かう」【めんとむかう】

「向き合う」【むきあう】

「向き合う」には「お互いに正面に向かい合う」という意味があります。

「親と子が向き合う」という文章には、「親と子供が、お互いに正面に向かい合う」という意味があります。

「面と向かう」【めんとむかう】

「面と向かう」は、「直接向かい合う」ことを意味します。

「面と向かって話し合う」「直接相手と向かい合って話し合う」という意味があります。

「面と向かうと照れくさい」などという使い方をします。

icon まとめ

「直面」という言葉について見てきました。

物事に直接対面することについて話す時、「直面」という言葉を使ってみましょう。