意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「挑みたい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「挑みたい」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「挑みたい」という言葉を使った例文や、「挑みたい」の類語を紹介して行きます。

挑みたい

Meaning-Book
「挑みたい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「挑みたい」とは?意味
  • 「挑みたい」の表現の使い方
  • 「挑みたい」を使った例文や短文など
  • 「挑みたい」の類語や類義語・言い換え


「挑みたい」とは?意味

「挑みたい」には、「ある対象に立ち向かって行きたい」「挑戦したい」という意味があります。

  • 「挑みたい」の読み方

「挑みたい」の読み方

「挑みたい」の読み方は、「いどみたい」になります。



「挑みたい」の表現の使い方

「挑みたい」の表現の使い方を紹介します。

「挑みたい」は、「ある対象に立ち向かって行きたい」「挑戦したい」という意味になります。

そこで、ある対象に立ち向かいたい時、何かに挑戦したい時に、「挑みたい」という言葉を使ってみましょう。

例えば、ラーメン店に行った時、大食いチャレンジの企画のポスターが貼ってあるかもしれません。

たくさん食べることに自信がある人なら、挑戦したいという気持ちが湧くかもしれません。

このような気持ちを、「大食いチャレンジに挑みたい」などと、「挑みたい」という言葉を使って表現してみましょう。

「挑みたい」を使った例文や短文など

「挑みたい」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「挑みたい」を使った例文1
  • 「挑みたい」を使った例文2

「挑みたい」を使った例文1

「最強のチャンピオンに『挑みたい』気持ちがある」

この例文は、最強と呼ばれるチャンピオンに立ち向かって行きたいと考えている挑戦者についての文章になります。

このように「挑みたい」には、「ある対象に立ち向かって行きたい」「挑戦したい」という意味があります。

弱い王者に勝つより、最強の王者に「挑みたい」というタイプの人もいるでしょう。

「挑みたい」を使った例文2

「難しい仕事であるからこそ、すべてをかけて『挑みたい』」

この例文は、難しい仕事に対して、自分の能力や体力などを注ぎ込み、挑戦したいという文章になります。

仕事に対するモチベーションが、難しいほど上がるタイプの人もいるでしょう。



「挑みたい」の類語や類義語・言い換え

「挑みたい」の類語や類似を紹介します。

  • 「試したい」【ためしたい】
  • 「してみたい」

「試したい」【ためしたい】

「試したい」「実際にしてみて、力の程度や真偽などを調べたり確かめたりしたい」という意味があります。

「体力の限界を試したい」などという使い方をします。

「してみたい」

「してみたい」という言葉には、「何かを実行したい」という意味があります。

「恋愛をしてみたい」という文章は、「恋愛を実行したい」という意味になります。

「大食いをしてみたい」「新しいジャンルの仕事をしてみたい」などという使い方をします。

icon まとめ

「挑みたい」という言葉について見てきました。

ある対象に立ち向かって行きたいと思ったり、挑戦したいと思った時、「挑みたい」という言葉を使ってみましょう。