意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「辞める」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「辞める」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「辞める」という表現について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「辞める」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「辞める」の意味
  • 「辞める」の表現の使い方
  • 「辞める」を使った例文と意味を解釈
  • 「辞める」の類語や類義語


「辞める」の意味

「辞める」というのは「就いていた職や地位等を退く」という意味です。

「辞職」と言われることもあり、「これまで働いてきた会社での仕事を自ら辞めること」と言われます。

かつては終身雇用、年功序列が当たり前でしたので、仕事を「辞める」という事は滅多にありませんでした。

しかし最近は転職をする人が増え、一般的に受け入れられるようになりつつありますので、仕事を「辞める」という人もいるかもしれません。

  • 「辞める」の読み方

「辞める」の読み方

「辞める」の読み方は、「やめる」になります。

仕事を「辞める」ときに使われる言い回しですので、ぜひ覚えておきましょう。



「辞める」の表現の使い方

「辞める」の表現の使い方を紹介します。

仕事を「辞める」時に使われる表現で、もしかしたら「仕事を辞めたい」などと使う人もいるかもしれません。

今の仕事にやりがいがなく、楽しいと思えない、頑張ろうと思えない、と感じていると仕事を「辞めたい」と感じることもあるかもしれません。

確かに転職は一般的になりつつありますが、それでも逃げる形で仕事を「辞める」のは避けたいものです。

「辞める」を使った例文と意味を解釈

「辞める」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「辞める」を使った例文1
  • 「辞める」を使った例文2

「辞める」を使った例文1

「彼女は仕事と育児を両立する自信がなく、仕事を辞めました」

最近は働く女性も増えましたが、その一方で働けない女性もたくさんいます。

子供がいても働く環境整っていますが、例えば待機児童となってしまって保育園に通えないなどということがあれば、仕事を「辞めざるを得ない」こともあるでしょう。

「辞めたくて辞める」わけではなく、それしか選択肢がないということもあるかもしれません。

「辞める」を使った例文2

「実家の両親の面倒をみるため、今の仕事を辞めて地元で仕事をすることになりました」

しかしたら両親の介護などという理由で仕事を「辞めざるを得ない」こともあるかもしれません。

最近は年金や老後等に不安を抱える人が多く、老人ホームに入るにもお金が足りなくて子供に面倒を見てもらうしかない、という人たちも増えています。

また孤独死なども話題になっており、お年寄りをどうやって見守っていくかということが重要視されています。

家族しか面倒が見られないということであれば、仕事を「辞める」決断を迫られることもあるかもしれません。



「辞める」の類語や類義語

「辞める」の類語や類義語を紹介します。

  • 「辞任」【じにん】
  • 「辞職」【じしょく】

「辞任」【じにん】

「辞任」というのは「就いていた任務や職務を自分から申し出て辞めること」という意味です。

「福音を辞任する」などと使われます。

「辞職」【じしょく】

「辞職」というのは「これまで働いてきた会社での仕事を自ら辞す」という意味です。

つまり自分から会社を「辞める」時に使われる表現です。

icon まとめ

「辞める」という表現は仕事をしている以上、ぜひ知っておいた方が良い言い回しだといえます。

その一方で、正当な理由なしに仕事を「辞める」ことがないようにしたいものです。