意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ひっこむ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「ひっこむ」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「ひっこむ」という言葉を使った例文や、「ひっこむ」の類語を紹介して行きます。

ひっこむ

Meaning-Book
「ひっこむ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「ひっこむ」とは?意味
  • 「ひっこむ」の表現の使い方
  • 「ひっこむ」を使った例文や短文など
  • 「ひっこむ」の類語や類義語・言い換え


「ひっこむ」とは?意味

「ひっこむ」には、「突き出たものが、元の状態に戻る」「本来の面よりも、内に入り込んだ状態になる」という意味があります。

また「表から奥へ入ったところに位置する」「人目に立たないところに移る」という意味もあります。



「ひっこむ」の表現の使い方

「ひっこむ」の表現の使い方を紹介します。

「ひっこむ」は、「出っ張ったものが、元の状態に戻る」「通常よりも内に入り込んだ状態になる」を意味します。

例えば、ダイエットをすると、相撲取りのように出っ張った腹も、元の状態に戻ります。

このような様子を、「ダイエットで腹が、ひっこむ」「ひっこむ」を使って説明できます。

また「ひっこむ」には、「表から奥まったところに位置する」「目立たないところに移る」という意味もあります。

例えば、自宅が表通りに面しておらず、路地に面している場合、表から奥まったところに位置する家と言えます。

そのため、「表通りからひっこんだ場所に、家がある」などと、「ひっこむ」を使って説明できます。

「ひっこむ」を使った例文や短文など

「ひっこむ」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「ひっこむ」を使った例文1
  • 「ひっこむ」を使った例文2

「ひっこむ」を使った例文1

「粘土を強く押したら、表面が『ひっこむ』」

この例文は、粘土の表面を強く押したら、通常よりも内に入り込んだという文章になります。

このように「ひっこむ」には、「通常よりも内に入り込んだ状態になる」という意味があります。

「ひっこむ」を使った例文2

「都会暮らしに疲れて、田舎に『ひっこむ』ことにした」

この例文は、都会での暮らしに疲れた人が、田舎で暮らすことにしたという意味があります。

このように「ひっこむ」には「目立たないところに移る」という意味もあります。

田舎は都会に比べて人目に目立たない場所と言えるため、そのような場所に移る時、「ひっこむ」という言葉を使います。



「ひっこむ」の類語や類義語・言い換え

「ひっこむ」の類語や類似を紹介します。

  • 「へこむ」
  • 「退く」【しりぞく】

「へこむ」

「へこむ」「表面の一部が周りと比べて低くなる」ことを意味します。

また「やりこめられて困る」という意味もあります。

「壁がへこむ」「心がへこむ」などという使い方をします。

「退く」【しりぞく】

「退く」には「後方へ下がる」という意味があります。

「前線から退く」という文章には、「戦いの一線から後方へ下がる」という意味があります。

icon まとめ

「ひっこむ」という言葉について見てきました。

突き出たものが、元の状態に戻ることや、表から奥へ入ったところに位置することについて話す時、「ひっこむ」という言葉を使ってみましょう。