意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「立ち直る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「立ち直る」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「立ち直る」という言葉を使った例文や、「立ち直る」の類語を紹介して行きます。

立ち直る

Meaning-Book
「立ち直る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「立ち直る」とは?意味
  • 「立ち直る」の表現の使い方
  • 「立ち直る」を使った例文や短文など
  • 「立ち直る」の類語や類義語・言い換え


「立ち直る」とは?意味

「立ち直る」には、「悪い状態になった人や物事が、元の良い状態に戻る」という意味があります。

  • 「立ち直る」の読み方

「立ち直る」の読み方

「立ち直る」の読み方は、「たちなおる」になります。



「立ち直る」の表現の使い方

「立ち直る」の表現の使い方を紹介します。

「立ち直る」は、「悪い状態になった人や物事が、元の良い状態に戻る」ことを意味します。

そこで、誰かが元の良い状態に戻った様子を見た時、物事が良い状態に戻った時、「立ち直る」という言葉を使ってみましょう。

例えば、学生時代にぐれてしまい、悪いことばかりをしていた友達がいます。

しかし、少年院で学んだことをきっかけに、ぐれる前の良い状態の友達に戻ったとします。

この様子を「友達は少年院で学んだことをきっかけに、立ち直った」「立ち直る」をつかって説明できます。

「立ち直る」を使った例文や短文など

「立ち直る」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「立ち直る」を使った例文1
  • 「立ち直る」を使った例文2

「立ち直る」を使った例文1

「思い切りフラれたため、『立ち直る』のに、時間がかかるかもしれない」

この例文は好きな人に思い切り、フラれてしまったため、元の精神状態に戻るためには、ある程度時間が必要だという文章になります。

このように「立ち直る」には、「悪い状態になった人や物事が、元の良い状態に戻る」という意味があります。

「立ち直る」を使った例文2

「私が『立ち直る』きっかけになったのは、一冊の本だった」

この例文は、精神的に悪い状態になっていた人が、元の良い状態に戻るきっかけになったのは一冊の本だったという文章になります。

このように、悪い精神状態から「立ち直る」きっかけが、誰かの言葉や、ほんの一節だったという人は少なくないでしょう。



「立ち直る」の類語や類義語・言い換え

「立ち直る」の類語や類似を紹介します。

  • 「持ち直す」【もちなおす】
  • 「更生」【こうせい】

「持ち直す」【もちなおす】

「持ち直す」「以前のような状態になること」を意味します。

「会社が持ち直した」という文章には、「潰れそうになっていた会社が、元のように良い状態になった」という意味があります。

「更生」【こうせい】

「更生」には「精神的、社会的に良い方向に向かうこと」という意味があります。

「不良少年が更生する」という文章は、「不良だった少年が、精神的、社会的に良い方向に向かうこと」を意味します。

「更生施設」「更生のための手引き」などと言う使い方をします。

icon まとめ

「立ち直る」という言葉について見てきました。

悪い状態になった人や物事が、元の良い状態に戻る様子を見た時、「立ち直る」という言葉を使ってみましょう。