意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「頼れる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「頼れる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「頼れる」という言葉を使った例文や、「頼れる」の類語を紹介して行きます。

頼れる

Meaning-Book
「頼れる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「頼れる」とは?意味
  • 「頼れる」の表現の使い方
  • 「頼れる」を使った例文や短文など
  • 「頼れる」の類語や類義語・言い換え


「頼れる」とは?意味

「頼れる」には、「頼りになる、心強いこと」また「頼りになる人」という意味があります。

  • 「頼れる」の読み方

「頼れる」の読み方

「頼れる」の読み方は、「たよれる」になります。



「頼れる」の表現の使い方

「頼れる」の表現の使い方を紹介します。

「頼れる」は、「頼りになる、心強いこと」「頼りになる人」を意味します。

そこで、周囲にいる頼りになる人や、心強い人に対して、「頼れる」という言葉を使ってみましょう。

例えば、同じ職場の同僚に、仕事ができて、なおかつ優しい性格の人がいるかもしれません。

自分の仕事が多すぎて、手伝って欲しい時、この同僚に頼めば、すべて解決するような存在です。

このような人は頼りになり、一緒にいると心強いため、「頼れる同僚」などと「頼れる」という言葉を使って表現できます。

「頼れる」を使った例文や短文など

「頼れる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「頼れる」を使った例文1
  • 「頼れる」を使った例文2

「頼れる」を使った例文1

「妹が生まれた時。『頼れる』兄になりたいと思った」

この例文は、妹が生まれた時、頼りになる兄になりたいと思った男性についての文章になります。

このように「頼れる」には、「頼りになる」また「頼りになる人」という意味があります。

妹が一緒にいるだけで心強いと思えるような男性になりたいと思って生きている、兄は多いのかもしれません。

「頼れる」を使った例文2

「スマホは『頼れる』パートナーだ」

この例文は、スマホがあるだけで心強いと思える、自分に取って大切なパートナーだ、という意味があります。

現在のスマホは、人にとって「頼れる」パートナーと呼べるような地位にいるかもしれません。

かつてこのような電子機器は身の回りになかったかもしれません。



「頼れる」の類語や類義語・言い換え

「頼れる」の類語や類似を紹介します。

  • 「心強い」【こころづよい】
  • 「頼もしい」【たのもしい】

「心強い」【こころづよい】

「心強い」「頼りになるものがあって、心丈夫なこと」を意味します。

「心強い仲間」「一緒にいると安心していられるような仲間」という意味があります。

「あなたが来てくれると、心強い」などという使い方をします。

「頼もしい」【たのもしい】

「頼もしい」には「信頼感がある」「頼りにできる」という意味があります。

「頼もしい先輩」「信頼でき、頼りになる先輩」を意味します。

「頼もしい援軍」「頼もしい家族」などという使い方をします。

icon まとめ

「頼れる」という言葉について見てきました。

頼りになる、心強いことについて、また頼りになる人について話す時、「頼れる」という言葉を使ってみましょう。