意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「面倒見がいい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「面倒見がいい」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「面倒見がいい」という言葉を使った例文や、「面倒見がいい」の類語を紹介して行きます。

面倒見がいい

Meaning-Book
「面倒見がいい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「面倒見がいい」とは?意味
  • 「面倒見がいい」の表現の使い方
  • 「面倒見がいい」を使った例文や短文など
  • 「面倒見がいい」の類語や類義語・言い換え


「面倒見がいい」とは?意味

「面倒見がいい」には、「何かと配慮して、人を世話するのが上手なこと」という意味があります。

  • 「面倒見がいい」の読み方

「面倒見がいい」の読み方

「面倒見がいい」の読み方は、「めんどうみがいい」になります。



「面倒見がいい」の表現の使い方

「面倒見がいい」の表現の使い方を紹介します。

「面倒見がいい」は、「気配りができ、人を世話するのが上手なこと」を意味します。

そこで、みなさんの周囲にいる、気配りができ、人を世話するのが上手な人について話す時、「面倒見がいい」という言葉を使ってみましょう。

例えば職場に新人が配属された時、面倒を見る人としない人がいます。

中には仕事の仕方を教えるだけでなく、美味しい会社周辺のランチの場所まで教えてくれる人もいるでしょう。

次第に新人はその人を慕うようになるはずです。

このような人は、何かと気配りができ、人を世話するのが上手な人と言えます。

ここで、「面倒見がいい同僚」などと、「面倒見がいい」という言葉を使って、その人を表現してみましょう。

「面倒見がいい」を使った例文や短文など

「面倒見がいい」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「面倒見がいい」を使った例文1
  • 「面倒見がいい」を使った例文2

「面倒見がいい」を使った例文1

「『面倒見がいい』女性のため、良い母親になるかもしれない」

この例文は、ある女性を見た時、人を世話するのが上手なため、良い母親になるかもと想像したという文章になります。

このように「面倒見がいい」には、「気配りができ、人を世話するのが上手なこと」という意味があります。

「面倒見がいい」を使った例文2

「A君は可愛い新人が入った時だけ、『面倒見がいい』先輩になる」

この例文はA君という男性社員は、容姿が魅力的な女子社員が加入した時だけ、世話をするのが上手な先輩になるという文章になります。

「面倒見がいい」というよりは、若い女性が好きなのかもしれません。



「面倒見がいい」の類語や類義語・言い換え

「面倒見がいい」の類語や類似を紹介します。

  • 「頼り甲斐がある」【たよりがいがある】
  • 「お節介」【おせっかい】

「頼り甲斐がある」【たよりがいがある】

「頼り甲斐がある」「任せても大丈夫という安心感がある様子」を意味します。

「頼りがいがある彼氏」「頼りがいがある会社」などという使い方をします。

「お節介」【おせっかい】

「お節介」には「他人の事に出しゃばった行動を取ること」という意味があります。

また「むしろ迷惑になるような世話を焼くこと」を意味します。

「お節介はやめてほしい」などという使い方をします。

icon まとめ

「面倒見がいい」という言葉について見てきました。

何かと配慮して、人を世話するのが上手な人を見た時などに、「面倒見がいい」という言葉を使ってみましょう。