意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「泥臭い努力」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「泥臭い努力」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「泥臭い努力」という言葉を使った例文や、「泥臭い努力」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「泥臭い努力」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「泥臭い努力」とは?意味
  • 「泥臭い努力」の表現の使い方
  • 「泥臭い努力」を使った例文や短文など
  • 「泥臭い努力」の類語や類義語・言い換え


「泥臭い努力」とは?意味

「泥臭い努力」には、「あか抜けていない様子の努力」「野暮ったい努力」という意味があります。

  • 「泥臭い努力」の読み方

「泥臭い努力」の読み方

「泥臭い努力」の読み方は、「どろくさいどりょく」になります。



「泥臭い努力」の表現の使い方

「泥臭い努力」の表現の使い方を紹介します。

「泥臭い努力」は、「あか抜けていない様子の努力」「野暮ったい努力」を意味します。

そのため、誰かがあか抜けていない様子の努力をしているのを見た時、また野暮ったい努力をしていると感じた時に、「泥臭い努力」という言葉を使ってみましょう。

例えば英語を話すために、単語帳とにらめっこして英単語を暗記している学生がいます。

とても洗練された勉強法ではない、野暮ったい努力をしているように感じるかもしれません。

このような様子を、「泥臭い努力をしながら、英語を学ぶ学生」などと「泥臭い努力」を使って表現してみましょう。

「泥臭い努力」を使った例文や短文など

「泥臭い努力」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「泥臭い努力」を使った例文1
  • 「泥臭い努力」を使った例文2

「泥臭い努力」を使った例文1

「甲子園に出場するためには、『泥臭い努力』も必要だと、うさぎ跳びをする」

この例文はある野球部の生徒たちが、甲子園に出場するためには野暮ったい努力も時には必要だと感じて、うさぎ跳びをするという文章になります。

うさぎ跳びは前時代的なトレーニングで、あか抜けているとは言えません。

このように「泥臭い努力」には、「あか抜けていない様子の努力」「野暮ったい努力」という意味があります。

「泥臭い努力」を使った例文2

「彼は『泥臭い努力』を人に見せたくないタイプだ」

この例文は、ある男性が、周囲の人に野暮ったい努力は決して見せない人だと言われている文章になります。

この例文に登場する男性のように、「泥臭い努力」を人に見せたくないタイプの人は少なくないでしょう。



「泥臭い努力」の類語や類義語・言い換え

「泥臭い努力」の類語や類似を紹介します。

  • 「がむしゃらに頑張る」【がむしゃらにがんばる】
  • 「下積みする」【したづみする】

「がむしゃらに頑張る」【がむしゃらにがんばる】

「がむしゃらに頑張る」には、「一つの目的に向かい、勢い込んで向こう見ずに頑張る」という意味があります。

「役者になるため、がむしゃらに頑張る」という文章には、「役者になるという目的に向かい、向こう見ずに勢い込んで頑張る」という意味があります。

「下積みする」【したづみする】

「下積みする」には「能力を発揮できないまま、低い位置に甘んじること」という意味があります。

「下積みをして、機会をうかがう」などという使い方をします。

icon まとめ

「泥臭い努力」という言葉について見てきました。

あか抜けていない様子の努力や、野暮ったい努力について話す時、「泥臭い努力」という言葉を使ってみましょう。