意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「持ち合わす」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「持ち合わす」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「持ち合わす」という言葉を使った例文や、「持ち合わす」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「持ち合わす」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「持ち合わす」とは?意味
  • 「持ち合わす」の表現の使い方
  • 「持ち合わす」を使った例文や短文など
  • 「持ち合わす」の類語や類義語・言い換え


「持ち合わす」とは?意味

「持ち合わす」には、「ちょうどその時持っている」という意味があります。

  • 「持ち合わす」の読み方

「持ち合わす」の読み方

「持ち合わす」の読み方は、「もちあわす」になります。



「持ち合わす」の表現の使い方

「持ち合わす」の表現の使い方を紹介します。

持ち合わす」は、「ちょうどその時持っている」を意味します。

そこで、何かをちょうど、その時に持っている時、またちょうど持っていない時などに、「持ち合わす」という言葉を使ってみましょう。

例えば、パン屋に買い物に行った時、ポイントカードを出すかもしれません。

しかし丁度その時、持っているはずのポイントカードが無いことに気付きます。

このような様子を、「丁度ポイントカードを持ち合わせていないため、ポイント受けられない」などと、「持ち合わす」を使った文章にできます。

「持ち合わす」を使った例文や短文など

「持ち合わす」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「持ち合わす」を使った例文1
  • 「持ち合わす」を使った例文2

「持ち合わす」を使った例文1

「現金を『持ち合わしていない』ため、カードで支払いたい」

この例文は飲食店で食事を済ませた後で、レジ前で財布を開けた時、現金を持ち合わせていないことに気付いたため、カードで支払いたいと、レジ係の人に頼んでいる場面になります。

このように「持ち合わす」には、「ちょうどその時持っている」という意味があります。

今回はちょうど現金を持っていなかったため、カードで支払いたいと主張しています。

「持ち合わす」を使った例文2

「悪党が攻めてきたが、その時、銃を『持ち合わせていない』」

この例文は、悪党が攻めてきたが、その時ちょうど、銃を持っていないことに気付いたという文章になります。

銃を「持ち合わせていない」ため、逃げるか、銃以外の方法で戦うしかないかもしれません。



「持ち合わす」の類語や類義語・言い換え

「持ち合わす」の類語や類似を紹介します。

  • 「手持ち」【てもち】
  • 「所持」【しょじ】

「手持ち」【てもち】

「手持ち」「現に手元に持っていること」を意味します。

「手持ちの金で、支払いを済ます」という文章には、「今持っている手元のお金で、支払いを終える」という意味があります。

「所持」【しょじ】

「所持」には「身に付けて持っていること」という意味があります。

「大金を所持して、外出したら危険だ」などという使い方をします。

icon まとめ

「持ち合わす」という言葉について見てきました。

ちょうどその時持っていることについて話す時、「持ち合わす」という言葉を使ってみましょう。