意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「眩しい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「眩しい」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「眩しい」という言葉を使った例文や、「眩しい」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「眩しい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「眩しい」とは?意味
  • 「眩しい」の表現の使い方
  • 「眩しい」を使った例文や短文など
  • 「眩しい」の類語や類義語・言い換え


「眩しい」とは?意味

「眩しい」には、「光が強すぎて、目を開けてられない為、まともに見にくい」という意味があります。

また「眩しい」「相手のことがためらわれるほど美しい」ことを意味します。

  • 「眩しい」の読み方

「眩しい」の読み方

「眩しい」の読み方は、「まぶしい」になります。



「眩しい」の表現の使い方

「眩しい」の表現の使い方を紹介します。

「眩しい」は、「光が強すぎて、まともに見にくい」という意味があります。

例えば、太陽の方向を直接見てしまうと、光が強くてまともには景色が見えないはずです。

このような時、「太陽の方角は、眩しくて景色が見えない」などと、「眩しい」という言葉を使ってみましょう。

また「眩しい」「まともに見るのがためらわれるほど美しい」ことを意味します。

例えば、隣にいる女性が美しすぎて、まともに見られないほどだと感じた時、「隣にいる女性が眩しいほど美しい」などと、「眩しい」という言葉を使ってみましょう。

「眩しい」を使った例文や短文など

「眩しい」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「眩しい」を使った例文1
  • 「眩しい」を使った例文2

「眩しい」を使った例文1

「西日が『眩しい』ため、カーテンをしめる」

この例文は、夕方近くになり、西から指す陽射しが強すぎるため、カーテンをしめたという文章になります。

このように「眩しい」は、「光が強すぎて、まともに見にくい」という意味があります。

西日は太陽の位置が低いため、角度が浅く、目などに入りやすく「眩しい」傾向があります。

「眩しい」を使った例文2

「薄着をした若い女性が、『眩しい』肌を見せる」

この例文は、薄着をした若い女性が、まともに見るのがためらわれるほど、美しい肌を見せているという文章になります。

このように「眩しい」「まともに見るのがためらわれるほど美しい」ことを意味します。



「眩しい」の類語や類義語・言い換え

「眩しい」の類語や類似を紹介します。

  • 「輝かしい」【かがやかしい】
  • 「燦燦たる」【さんさんたる】

「輝かしい」【かがやかしい】

「輝かしい」「光り輝くように素晴らしいこと」を意味します。

「輝かしい実績」という言葉には、「光り輝くように、素晴らしい実績」という意味があります。

「輝かしい時代」「輝かしい思い出」などという使い方をします。

「燦燦たる」【さんさんたる】

「燦燦たる」には「きらきらと美しい様子」という意味があります。

「燦燦たる女性」「きらきらと美しい様子の女性」を意味します。

「燦燦たる景色」「燦燦たる部屋」などという使い方をします。

icon まとめ

「眩しい」という言葉について見てきました。

光が強すぎて、まともに見にくい様子について話す時、またまともに見るのがためらわれるほど美しい様子について話す時、「眩しい」という言葉を使ってみましょう。