意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「熱意」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「熱意」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「熱意」という言葉を使った例文や、「熱意」の類語を紹介して行きます。

熱意

Meaning-Book
「熱意」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「熱意」とは?意味
  • 「熱意」の表現の使い方
  • 「熱意」を使った例文や短文など
  • 「熱意」の類語や類義語・言い換え


「熱意」とは?意味

「熱意」には、「意欲があふれる強い意気組みのこと」「強い意志を持った熱心な気持ちのこと」という意味があります。

  • 「熱意」の読み方

「熱意」の読み方

「熱意」の読み方は、「ねつい」になります。



「熱意」の表現の使い方

「熱意」の表現の使い方を紹介します。

「熱意」は、「意欲があふれる強い意気組みのこと」「強い意志を持った熱心な気持ちのこと」を意味します。

そこで、物事に対する意気込みを感じた時や、熱心な気持ちを感じた時などに、「熱意」という言葉を使ってみましょう。

例えば、新しく配属された新人社員が、大きな声で挨拶してきたとします。

他の社員に比べて、仕事に対する意気込みがあり、熱心な気持ちがあると感じるかもしれません。

このような時、「仕事に対する熱意を感じる、新人が入ってきた」などと、「熱意」という言葉を使ってみましょう。

「熱意」を使った例文や短文など

「熱意」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「熱意」を使った例文1
  • 「熱意」を使った例文2

「熱意」を使った例文1

「交渉を成立させるためには、条件の良さだけでなく、『熱意』も重要だ」

この例文は、取引先との交渉を成立させるためには、条件の良さを売りにするだけでは足りず、熱心な気持ちを伝えることも重要だという意味があります。

このように「熱意」には、「意欲があふれる強い意気組みのこと」「強い意志を持った熱心な気持ちのこと」という意味があります。

「熱意」を使った例文2

「競技場の観衆の『熱意』を感じ、選手もいつも以上の実力を出す」

この例文は、試合が行われている競技場にいる観衆が、熱い気持ちを持って試合を見ている様子が見られるため、出場している選手がいつも以上の実力を出して頑張る様子を文章にしたものです。

このように「熱意」は人から人へ伝わると言われているため、競技場の観衆の「熱意」はきっと選手にも伝わるでしょう。



「熱意」の類語や類義語・言い換え

「熱意」の類語や類似を紹介します。

  • 「やる気」【やるき】
  • 「気合」【きあい】

「やる気」【やるき】

「やる気」「物事をしようとする気持ち」という意味があります。

「やる気が感じられる若者」という言葉には「物事をしようとする気持ちや欲求が、感じられる若い人」という意味があります。

「やる気をみなぎらせる」「やる気だけは負けない」などという使い方をします。

「気合」【きあい】

「気合」「物事に対する気持ち」を意味します。

「気合をこめて、歌を唄う」「気合が足りない」などという使い方をします。

icon まとめ

「熱意」という言葉について見てきました。

物事に対する意気込みや、熱心な気持ちについて話す時、「熱意」という言葉を使ってみましょう。