意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「得て行う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「得て行う」という表現は「その作業を対価を得て行っています」「許可を得て行うようにしてください」といった文章で使われていますが、「得て行う」はどんな意味を持っているのでしょうか?

「得て行う」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「得て行う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「得て行う」の意味
  • 「得て行う」の表現の使い方
  • 「得て行う」を使った例文と意味を解釈
  • 「得て行う」の類語や類義語


「得て行う」の意味

「得て行う」という表現は、「金銭・対価・財物などを獲得してから実行(遂行)すること」を意味しています。

また「得て行う」という言葉の意味として、「しかるべき相手(機関)から、許認可・承認などを得て実際に行う」という意味合いもあります。

  • 「得て行う」の読み方

「得て行う」の読み方

「得て行う」の読み方は、「えておこなう」になります。



「得て行う」の表現の使い方

「得て行う」の表現の使い方を紹介します。

「得て行う」の表現の使い方は、「それだけの十分な報酬を得て行う」というように、「対価・財物などを手に入れてから行う場合」に使うという使い方になります。

また「得て行う」という表現は、「関連する官庁からの許認可を得て行うのでなければ、この事業を合法的に行うことはできません」の文章のように、「許認可・容認を受けてから行う時」にも使うことができるのです。

「得て行う」を使った例文と意味を解釈

「得て行う」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「得て行う」を使った例文1
  • 「得て行う」を使った例文2

「得て行う」を使った例文1

「ビジネスというものは、対価を得て行うのが当たり前であり、無償で行うことは通常ありません」

この「得て行う」を使った例文は、「得て行う」という表現を、「対価を手に入れてから行うのが当たり前である」という意味で使っています。

「得て行う」を使った例文2

「この産業廃棄物の処理は、法律に基づいて行政からの許可を得て行っています」

この「得て行う」を使った例文は、「法律に基づいて行政からの許可を受けた上で行っている」という意味合いで、「得て行う」という表現を使用しています。



「得て行う」の類語や類義語

「得て行う」の類語・類義語を紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「獲得して実行する」【かくとくしてじっこうする】
  • 「受けてから行う」【うけてからおこなう】

「獲得して実行する」【かくとくしてじっこうする】

「得て行う」という表現は、「対価を獲得してから実行すること」「財物を手に入れてから行うこと」を意味しています。

その意味合いから、「得て行う」と近しい類似の意味を持つ類語(シソーラス)として、「獲得して実行する」を上げることができるのです。

「受けてから行う」【うけてからおこなう】

「得て行う」という言葉は、「しかるべき相手から許可・認可などを受けて実行(遂行)すること」を意味しています。

この意味から、「得て行う」とほとんど同じような意味を持つ類義語として、「受けてから行う」という表現を指摘できるのです。

icon まとめ

この記事で説明した「得て行う」の表現には、「何かを獲得してから実行(遂行)する」「許可・承認などを得てから実際に行う」などの意味があります。

「得て行う」の類語・類義語として、「獲得して実行する」「受けてから行う」などがあります。

「得て行う」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。