意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「投じる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「投じる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「投じる」という言葉を使った例文や、「投じる」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「投じる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「投じる」とは?意味
  • 「投じる」の表現の使い方
  • 「投じる」を使った例文や短文など
  • 「投じる」の類語や類義語・言い換え


「投じる」とは?意味

「投じる」には、「投げ入れること」という意味があります。

また「投じる」は、「事業に設備や資産を注ぎ込むこと」を意味します。

  • 「投じる」の読み方

「投じる」の読み方

「投じる」の読み方は、「とうじる」になります。



「投じる」の表現の使い方

「投じる」の表現の使い方を紹介します。

「投じる」は、「投げ入れること」を意味します。

例えば、床に落ちているゴミを、ゴミ箱に向けて投げることがあるかもしれません。

そのような様子を、「ゴミをゴミ箱に投じる」などと、「投じる」を使った文章にできます。

また「投じる」は、「事業などに、資金や労力をつぎ込むこと」を意味します。

例えば、株式投資をして資産を増やそうとする人がいるかもしれません。

その人の行動は、株式投資に資産を注ぎ込むことと言えます。

そのため、「株式に資産を投じる」などと、「投じる」という言葉を使って表現できます。

「投じる」を使った例文や短文など

「投じる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「投じる」を使った例文1
  • 「投じる」を使った例文2

「投じる」を使った例文1

「試合が始まり、投手が第一球を打者に『投じた』」

この例文は、野球の試合が始まり、投手が打者に対して、一球目を投げたという意味があります。

このように「投じる」には、「投げること」という意味があります。

「投じる」を使った例文2

「資産を『投じて』石油を掘り当てようとする」

この例文は、自分の持てる資産を、投入して、機材や燃料、人などを確保し、石油を掘り当てようとしている人についての文章になります。

このように「投じる」は、「事業に設備や資産を投入すること」を意味します。

もし掘り当てられれば、「投じた」資産の何十倍もの利益を得られるかもしれません。



「投じる」の類語や類義語・言い換え

「投じる」の類語や類似を紹介します。

  • 「投入」【とうにゅう】
  • 「投げる」【なげる】

「投入」【とうにゅう】

「投入」「物を投げ入れること、投げ込むこと」という意味があります。

また「事業などに、資金や労力をつぎ込むこと」を意味します。

「新商品の広告に、特別な費用を投入する」という文章は、「新商品を宣伝するための広告費に、特別な費用を注ぎ込む」という意味があります。

「投げる」【なげる】

「投げる」には「手に取って遠くへ飛ばすこと・空中へ放ること」「諦める・途中でやめる・放棄する」という意味があります。

「ボールを投げる子供」という文章は、「ボールを空中へ放る子供」を意味します。

「石を投げる」「洗濯ものを投げる」などという使い方をします。

icon まとめ

「投じる」という言葉について見てきました。

投げることについて話す時、また事業に設備や資産を注ぎ込むことについて話す時、「投じる」という言葉を使ってみましょう。