意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「大手」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「大手」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「大手」という言葉を使った例文や、「大手」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「大手」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「大手」とは?意味
  • 「大手」の表現の使い方
  • 「大手」を使った例文や短文など
  • 「大手」の類語や類義語・言い換え


「大手」とは?意味

「大手」には、「同種の企業の中で、特に規模の大きい会社」という意味があります。

また「取引所で、多額の株式を、売買する人や会社」を意味します。

  • 「大手」の読み方

「大手」の読み方

「大手」の読み方は、「おおて」になります。



「大手」の表現の使い方

「大手」の表現の使い方を紹介します。

「大手」は、「同種の企業の中で、特に規模の大きい会社」を意味します。

例えば、日本にはたくさんのスーパーマーケットを運営している会社があります。

中でも特に規模が大きな、数多くの店舗を出している企業があるでしょう。

このような企業を、「大手スーパー」などと「大手」という言葉を使って説明できます。

また「大手」は、「取引所で、多額の株式を売買する人や会社」を意味します。

例えば、ある証券会社で売買をしている投資家の中でも、かなり多額な売買をする投資家がいるかもしれません。

このような人を、「大手筋」などと「大手」という言葉を使って呼ぶことがあります。

「大手」を使った例文や短文など

「大手」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「大手」を使った例文1
  • 「大手」を使った例文2

「大手」を使った例文1

「就活する会社を選ぶ条件として、『大手』企業である、という条件がある」

この例文は就活を始める学生が、就職試験を受ける会社の条件として、同種の企業の中で規模が大きな会社という条件を付けている様子を文章にしたものです。

このように「大手」は、「同種の企業の中で、特に規模の大きい会社」を意味します。

「大手」を使った例文2

「株式市場が暴落する直前、『大手』筋が、株を引き上げていたことを知る」

この例文は、株式市場が暴落を始める少し前に、多額の株式を売買する投資家や投資会社が、大量の株を売っていたことが分かったという文章になります。

このように「大手」は、「取引所で、多額の株式を売買する人や会社」を意味します。

株式市場が暴落することを予測していたか、「大手筋」が大量の売りを出したため、暴落したのかもしれません。



「大手」の類語や類義語・言い換え

「大手」の類語や類似を紹介します。

  • 「大企業」【だいきぎょう】
  • 「大物」【おおもの】

「大企業」【だいきぎょう】

「大企業」「中小企業の規模を超える企業」「経営規模が大きく、生産高や従業員数が多い会社」などという意味があります。

「大企業に勤めている青年」「大企業に勝つ算段」などという使い方をします。

「大物」【おおもの】

「大物」「おおきな形のもの」という意味があり、「大物の魚が釣れた」などという使い方をします。

また「大物」「大きな勢力や影響力を持つ人物」を意味します。

「彼は大物弁護士だ」「大物のため言葉遣いに注意しろ」などという使い方をします。

icon まとめ

「大手」という言葉について見てきました。

同種の企業の中で、特に規模の大きい会社について話す時、取引所で、多額の株式を売買する人や会社について話す時、「大手」という言葉を使ってみましょう。