意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「手堅い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「手堅い」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「手堅い」という言葉を使った例文や、「手堅い」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「手堅い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「手堅い」とは?意味
  • 「手堅い」の表現の使い方
  • 「手堅い」を使った例文や短文など
  • 「手堅い」の類語や類義語・言い換え


「手堅い」とは?意味

「手堅い」には、「やりかたが堅実でリスクの少ない方法のこと」という意味があります。

また「相場が安定して、下がる気配がなく堅実なこと」を意味します。

  • 「手堅い」の読み方

「手堅い」の読み方

「手堅い」の読み方は、「てがたい」になります。



「手堅い」の表現の使い方

「手堅い」の表現の使い方を紹介します。

「手堅い」は、「やりかたが堅実でリスクの少ない方法のこと」ことを意味します。

例えば、友達の進路の選び方を見ると、一流高校に進学し、さらに一流大学に進学、そして公務員として働き始めています。

彼の生き方は、堅実であぶなげがないと感じるため、「友達の生き方は手堅い」などと、「手堅い」を使って表現できます。

また「手堅い」「相場が安定して、下がる気配がなく堅実なこと」を意味します。

例えば、株式投資をしている人が、相場が安定して、下がる気配がないと感じたら、「今日は手堅いから安心して売買ができる」などと「手堅い」を使って状況を説明できます。

「手堅い」を使った例文や短文など

「手堅い」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「手堅い」を使った例文1
  • 「手堅い」を使った例文2

「手堅い」を使った例文1

「課長のやりかたは『手堅い』が、面白みに欠けると思う」

この例文は、職場の課長の、仕事の仕方が、堅実であぶなげないが、面白みに欠けていると感じている人についての文章になります。

このように「手堅い」は、「やりかたが堅実であぶなげがない」ことを意味します。

「手堅い」のが好きな人と「冒険」したいタイプの人は、相性が割るかもしれません。

「手堅い」を使った例文2

「ノーアウト一塁で、送りバントをするのは、『手堅い』作戦だ」

この例文は野球の一場面についての文章になります。

ノーアウト一塁で送りバントをして、ランナーを先に進めるのは、やりかたが堅実で危なげない作戦と言われています。



「手堅い」の類語や類義語・言い換え

「手堅い」の類語や類似を紹介します。

  • 「堅実」【けんじつ】
  • 「無難」【ぶなん】

「堅実」【けんじつ】

「堅実」には「危なげないこと」という意味があります。

「堅実な作戦」「堅実な手段」「堅実な生活」などという使い方をします。

「無難」【ぶなん】

「無難」には「間違いや危険がない様子」「特に欠点はないけれども、かと言って優れている訳でもないこと」などの意味があります。

「白い服を着て行けば無難だ」という文章には、「白い服を着て置けば、間違いないだろう」という意味になります。

icon まとめ

「手堅い」という言葉について見てきました。

やりかたが堅実であぶなげがない様子を見た時、また相場が安定して、下がる気配がない時に、「手堅い」という言葉を使ってみましょう。