意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「手堅い商売」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「手堅い商売」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「手堅い商売」という言葉の理解を深めていきましょう。

手堅い商売

Meaning-Book
「手堅い商売」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「手堅い商売」の意味
  • 「手堅い商売」の表現の使い方
  • 「手堅い商売」を使った例文と意味を解釈
  • 「手堅い商売」の類語や類義語


「手堅い商売」の意味

「手堅い商売」とは、やり方が確実で、リスクが少ない、堅実であるとされる仕事のことを言います。

  • 「手堅い商売」の読み方

「手堅い商売」の読み方

「手堅い商売」の読み方は、「てがたいしょうばい」になります。



「手堅い商売」の表現の使い方

「手堅い商売」を使った表現を紹介します。

「手堅い商売」「手堅い」とはやり方が確実であり、危なげがないこと、つまりは失敗が少ない安全なことといった意味になります。

「商売」とは物品の売買、仕事といった意味ですから「手堅い商売」とは、危なげがなく、儲かる仕事であったり、倒産のリスクが少ないという意味合いで使います。

また一見地味であったり、魅力的には思えなくても確実に儲けがあるといったニュアンスも含みます。

「彼は手堅い商売やっているよ」「結局は、手堅い商売やっていたあいつが一番賢いわけだ」「うちは手堅い商売なので、大儲けはないが、大崩れもないよ」などと使います。

「手堅い商売」を使った例文と意味を解釈

「手堅い商売」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「手堅い商売」を使った例文1
  • 「手堅い商売」を使った例文2

「手堅い商売」を使った例文1

「あの家は派手さはないが、手堅い商売を長年やっているから生活に困っているということはないはずだ」

「手堅い商売」とは、経済的に安泰である、確実で危なげがない仕事という意味になります。

例文は、見た感じに派手ではなくても、安定した仕事で長くやっているのでそれなりに財産はあるだろうと言っているのです。

「手堅い商売」を使った例文2

「大きく儲けようなんて考えるから失敗するんだ、地道に手堅い商売でもしたらどうなんだ」

「手堅い商売」とは、危なげがない仕事、確実に収入がある、売れるとされる商売のことを言います。

例文は、リスクが高い商売を考えずに安定性のある商売をしたらいいのにと言っているのです。



「手堅い商売」の類語や類義語

「手堅い商売」の類語や類義語を紹介します。

  • 「健全な仕事」【けんぜんなしごと】
  • 「安定性のある商売」【あんていせいのあるしょうばい】

「健全な仕事」【けんぜんなしごと】

「健全な仕事」とは、確実性がある、危なくない、財政上問題がないとされる仕事のことを言います。

「給料が少なくても、健全な仕事が一番安心さ」「相手が健全な仕事じゃないと、結婚なんて危なっかしくてできない」などと使います。

「安定性のある商売」【あんていせいのあるしょうばい】

「安定性のある商売」とは、落ち着いていて変動が少ない商売という意味になります。

「うちは安定性のある商売だから、倒産の心配は今のところない」「独立するなら安定性のある商売をするというのが妻との約束だった」という風に使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「手堅い商売」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。