意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「対立」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「対立」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「対立」という言葉を使った例文や、「対立」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「対立」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「対立」とは?意味
  • 「対立」の表現の使い方
  • 「対立」を使った例文や短文など
  • 「対立」の類語や類義語・言い換え


「対立」とは?意味

「対立」には、「二つのものが反対の立場に立つこと」「二つのものが譲らないで張り合うこと」という意味があります。

  • 「対立」の読み方

「対立」の読み方

「対立」の読み方は、「たいりつ」になります。



「対立」の表現の使い方

「対立」の表現の使い方を紹介します。

「対立」は、「二つのものが反対の立場に立つこと」「二つのものが譲らないで張り合うこと」を意味します。

そこで、このように二つのものを見た時に、「対立」という言葉を使ってみましょう。

例えば、学校のクラスの中で、クラスメート同士の意見が分かれることがあります。

例えば同じアイドルグループのファンでも、その中の推しメンについては意見が分かれるかもしれません。

このような状況を、「アイドルグループの中で誰が可愛いかについて、クラスメートが対立する」などと、「対立」という言葉を使って状況を説明できます。

「対立」を使った例文や短文など

「対立」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「対立」を使った例文1
  • 「対立」を使った例文2

「対立」を使った例文1

「一人の女性を巡って、男性二人が『対立』する」

この例文は、一人の女性を二人の男性が好きになり、互いに譲らずに張り合っているという文章になります。

このように「対立」には、「二つのものが譲らないで張り合うこと」という意味があります。

このような「対立」は、自由恋愛が認められている以上、避けられず、現在も未来も、同性同士が異性を巡って「対立」し続けるかもしれません。

「対立」を使った例文2

「目玉焼きの焼き方について意見が分かれ、料理好き同士が『対立』する」

この例文は、目玉焼きの焼き方について、意見が分かれたことをきっかけに、料理好きの二人が反対の立場に立ったという文章になります。

このように「対立」には、「二つのものが反対の立場に立つこと」という意味があります。

目玉焼きは、片面焼きや両面焼きなどの焼き方があり、使用する油や、蒸し方なども様々な工夫を凝らせます。

そのため料理が好きな人ほど「対立」しやすいかもしれません。



「対立」の類語や類義語・言い換え

「対立」の類語や類似を紹介します。

  • 「敵対」【てきたい】
  • 「対抗」【たいこう】

「敵対」【てきたい】

「敵対」「相手を敵とみなし対抗すること」を意味します。

「敵対勢力」「隣町のグループと敵対する」などという使い方をします。

「対抗」【たいこう】

「対抗」「互いに勝利を争うこと」を意味します。

「家族対抗歌合戦」という文章は、「家族同士が、互いに勝利を争い、歌を唄い合うこと」という意味があります。

「対抗して戦う」「対抗戦」などという使い方をします。

icon まとめ

「対立」という言葉について見てきました。

二つのものが反対の立場に立つ様子を見た時、また、二つのものが譲らないで張り合う様子を見た時に、「対立」という言葉を使ってみましょう。