意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「見間違い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「見間違い」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「見間違い」という言葉について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「見間違い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「見間違い」の意味
  • 「見間違い」の表現の使い方
  • 「見間違い」を使った例文と意味を解釈
  • 「見間違い」の類語や類義語


「見間違い」の意味

「見間違い」というのは「見て他のものと間違えること」「見誤り」という意味になります。

例えば、幼稚園や運動会に保護者として参加した時、自分の子供を探します。

仮に自分の子供だと思ってビデオを撮っていたら、実際には自分の子供ではなかった、ということもあるかもしれません。

これは「見間違い」ということになります。

  • 「見間違い」の読み方

「見間違い」の読み方

「見間違い」の読み方は、「みまちがい」になります。

日常的にも使われる表現ですのでぜひ覚えておきましょう。



「見間違い」の表現の使い方

「見間違い」の表現の使い方を紹介します。

最近は銀行や郵便局のアカウントにオンラインでログインできるようになりました。

そのようなときには自分が設定したパスワードだけではなく、ワンタイムパスワードなどを入力しなければならない時があります。

しかし、ワンタイムパスワードをぱっと見ても、しっかり覚えたつもりが誤って覚えてしまう「見間違い」が発生しています。

「見間違い」であったとしても何度か間違えてしまうとアカウントにログインできなくなる可能性もありますので、しっかりとパスワードを確認する必要があります。

「見間違い」を使った例文と意味を解釈

「見間違い」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「見間違い」を使った例文1
  • 「見間違い」を使った例文2

「見間違い」を使った例文1

「リサイクル活動に参加する人は日時の見間違いをしないように気をつけてください」

最近は自分で洋服や新聞などをリサイクルコーナーに持っていけることが多くなり、廃品回収に関心を持つ人が減りつつあるとも言われています。

その一方で、廃品回収などのリサイクル活動を利用する場合はそれなりの人手が必要になりますし、もしもそこに不用品を出したいと思う人は場所や時間などを間違えないようにしなければいけません。

時間を間違えてしまうとただの不法投棄になってしまう可能性もありますので、日時を間違えないようにしなければいけません。

「見間違い」を使った例文2

「パスワードの見間違いが多く発生していますので、気をつけてください」

パスワードを間違えてしまうと、アカウントにログインできなくなる可能性が生じます。

しかし、数字が並んでいるワンタイムパスワードなどは「見間違い」をしやすく、それによってパスワードの入力を間違えてしまう人が多いとも言われています。

不正ログインではなくてもアカウントがロックされてしまえば手続きをしなければなりませんので、「見間違い」には気をつけましょう。



「見間違い」の類語や類義語

「見間違い」の類語や類義語を紹介します。

  • 「目の錯覚」【めのさっかく】
  • 「見誤り」【みあやまり】

「目の錯覚」【めのさっかく】

「目の錯覚」というのは「目で見たときに実際とは違って感じ取られる心理的な現象」という意味です。

物の大きさや角度、止まっているものが動いて見えるなどという錯覚が起こります。

「見誤り」【みあやまり】

「見誤り」というのは「見間違えること」「見誤ること」という意味です。

「見誤りのないように注意してください」などと言われます。

icon まとめ

「見間違い」は日常的にも生じるものです。

しかし、取り返しのつかないミスにつながることもありますので「見間違い」には気をつけましょう。