意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「隠棲」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「隠棲」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「隠棲」という言葉を使った例文や、「隠棲」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「隠棲」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「隠棲」とは?意味
  • 「隠棲」の表現の使い方
  • 「隠棲」を使った例文や短文など
  • 「隠棲」の類語や類義語・言い換え


「隠棲」とは?意味

「隠棲」には、「俗世間を逃れて静かに住むこと」という意味があります。

  • 「隠棲」の読み方

「隠棲」の読み方

「隠棲」の読み方は、「いんせい」になります。



「隠棲」の表現の使い方

「隠棲」の表現の使い方を紹介します。

「隠棲」は、「俗世間を逃れて静かに住むこと」を意味します。

そこで、そのような生活を送っている人を見た時、「隠棲」という言葉を使ってみましょう。

例えば、会社の同僚だった人が、定年退職後に、田舎暮らしを始めているかもしれません。

招かれて訪ねてみれば、人里離れた場所に家を構え、いかにも俗世間を逃れ、静かに住んでいるという雰囲気だと感じるかもしれません。

このような時、「会社の元同僚は、定年後、田舎で隠棲している」などと「隠棲」という言葉を使い、その人の様子を伝えられます。

「隠棲」を使った例文や短文など

「隠棲」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「隠棲」を使った例文1
  • 「隠棲」を使った例文2

「隠棲」を使った例文1

「都会で働き続けているため、田舎に『隠棲』したいという思いがある」

この例文は、ずっと都会で働き続けている人が、都会暮らしに疲れてしまい、田舎に逃れて静かに暮らしたいと考えている文章になります。

このように「隠棲」には、「俗世間を逃れて静かに住むこと」という意味があります。

ずっと都会で暮らしたいと考えている人より、このように「隠棲」したいという思いが強い人の方が多いかもしれません。

「隠棲」を使った例文2

「『隠棲』しようと田舎に引っ越したが、肌が合わず都会に戻ってきた」

この例文は、田舎で静かに暮らそうと思い、実際に引越しをしたが、暮らしてみると、自分の体質に合わなかったため、都会に戻ってきた人についての文章になります。

このように、誰でも「隠棲」が合うわけではなく、ずっと都会で人波に揉まれている方が、楽しいという人もいるでしょう。



「隠棲」の類語や類義語・言い換え

「隠棲」の類語や類似を紹介します。

  • 「隠遁」【いんとん】
  • 「楽隠居」【らくいんきょ】

「隠遁」【いんとん】

「隠遁」は、「世俗を離れて生活すること」を意味します。

「修行のために、隠遁生活をする」という文章は、「修行をするために、世俗を離れて生活すること」を意味します。

「楽隠居」【らくいんきょ】

「楽隠居」には「隠居して安楽に暮らすこと」という意味があります。

「定年後は、年金暮らしで楽隠居だ」という文章には、「定年後は隠居して、年金を財源にして安楽に暮らす」ことを意味します。

「楽隠居を決める」「楽隠居とは、うらやましい」などという使い方をします。

icon まとめ

「隠棲」という言葉について見てきました。

俗世間を逃れて静かに住む様子を見た時などに、「隠棲」という言葉を使ってみましょう。