意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「読み切り」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「読み切り」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「読み切り」という言葉を使った例文や、「読み切り」の類語を紹介して行きます。

読み切り

Meaning-Book
「読み切り」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「読み切り」とは?意味
  • 「読み切り」の表現の使い方
  • 「読み切り」を使った例文や短文など
  • 「読み切り」の類語や類義語・言い換え


「読み切り」とは?意味

「読み切り」には、「小説や漫画などで、連載せずに、一回で完結する作品」という意味があります。

  • 「読み切り」の読み方

「読み切り」の読み方

「読み切り」の読み方は、「よみきり」になります。



「読み切り」の表現の使い方

「読み切り」の表現の使い方を紹介します。

「読み切り」は、「小説や漫画などで、連載せずに、一回で完結する作品」を意味します。

そこで、そのような作品を目にした時に、「読み切り」という言葉を使ってみましょう。

例えばマンガ雑誌を読んでいると、連載漫画に混ざって、時折一話完結の作品が掲載されていることがあります。

この作品は連載されず、一回で完結する作品のため、「マンガ雑誌に、読み切りが掲載されている」などと「読み切り」という言葉を使って表現できます。

「読み切り」を使った例文や短文など

「読み切り」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「読み切り」を使った例文1
  • 「読み切り」を使った例文2

「読み切り」を使った例文1

「連載作家が都合によって休載するため、代わりに『読み切り』作品が掲載される」

この例文は、マンガ雑誌や文芸誌などで連載している作家が、何かしらの都合により休載することになったため、代わりに一回で完結する作品が掲載されたという文章になります。

このように「読み切り」には、「小説や漫画などで、連載せずに、一回で完結する作品」という意味があります。

「読み切り」を使った例文2

「『読み切り』作品を集めた、文庫本が発売された」

この例文は、一話完結の物語が集められた、文庫本が発売されたという文章になります。

ある作家の一話完結の物語だけ集められるケースもあれば、様々な作家の「読み切り」作品が集められて本になるケースもあります。

「読み切り」作品には、連載作品にはない良さがあるため、このような文庫本を買い求める人もいるかもしれません。



「読み切り」の類語や類義語・言い換え

「読み切り」の類語や類似を紹介します。

  • 「短編」【たんぺん】
  • 「ショートショート」【しょーとしょーと】

「短編」【たんぺん】

「短編」「映画や小説などの、短い作品」という意味があります。

「短編映画」「短編小説」「短編集」などという使い方をします。

「ショートショート」【しょーとしょーと】

「ショートショート」は、「普通の短編小説や、短編映画よりもさらに短い作品」という意味があります。

「ショートショートを集めて封切る映画」「ショートショート集」などという使い方をします。

icon まとめ

「読み切り」という言葉について見てきました。

小説や漫画などで、連載せずに、一回で完結する作品を一言で言い表す時、「読み切り」という言葉を使ってみましょう。