意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「連動」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「連動」という言葉をご存知かと思いますが、この言葉は何処となくロジック的な印象を覚える言葉です。

しかし、実際にはどのような意味があり、どんなシチュエーションで使われるのでしょうか?

そこで今回は、この「連動」という言葉をフォーカスして見ていくことにします。

Meaning-Book
「連動」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「連動」の意味
  • 「連動」の表現の使い方
  • 「連動」を使った例文と意味を解釈
  • 「連動」の類語や類義語


「連動」の意味

「連動」「ひと続きに働かせる機械の間の運動が統一に作動するように、連結の状態にあること」と定義することができます。

平易な解釈では「ある部分を動かすことによって、他の部分も関係して動くこと」となります。

  • 「連動」の読み方

「連動」の読み方

「連動」「れんどう」という読み方をしますので、ここでしっかりとチェックしておくにしましょう。



「連動」の表現の使い方

「連動」「ある部分を動かすことで、それに応じた動きを他部分でも見ることができること」という意味がありますので、「物価に連動した金利」というような使い方ができます。

「連動」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「連動」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「連動」を使った例文1
  • 「連動」を使った例文2

「連動」を使った例文1

「セキュリティーシステムが連動するオフィスが増えてきている」

最近の企業のオフィスでは、セキュリティー設備がとても多くなっています。

入退室を管理する設備も社員のIDカードを認識させて管理をしていますが、これに併せてセキュリティーカメラの稼働を実現させており、強固なセキュリティーの仕組みが確立されています。

今では、このような設備の運用が当たり前になってきています。

「連動」を使った例文2

「私のサラリーは生計費の上昇に連動して上がっている」

このようなことが実現できれば、サラリーマンとしては、どれだけ嬉しくありがたいことでしょうか。

今や残業が規制されて、給料も減りつつボーナスも厳しくなってきています。

業績「連動」の評価が多くなってきている企業に身を置く社員は、自分の評価を高めることに必死になってきています。



「連動」の類語や類義語

「連動」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのようなものがあるかを見ていくことにしましょう。

  • 「関係する」【かんけいする】
  • 「相関関係がある」【そうかんかんけいがある】

「関係する」【かんけいする】

「関連する」「連動」の類義語として挙げることができます。

「ものが互いに影響を及ぼす状態にあること」という意味で使われています。

「相関関係がある」【そうかんかんけいがある】

「相関関係がある」「連動」の類義語として扱うことができるでしょう。

「2つのものが相関関係にあること」という意味になりますが、「一方が増加すると、片方も増加したり、減少する関係性がある」ということになります。

icon まとめ

「連動」という言葉の意味や使い方を見てきましたが、この言葉は、ロジック的な要素を含みつつ、ビジネスシーンだけでなく、身近な場面でも当てはまるケースがいくつもあるかと思います。

普段の生活の中でも、この言葉が使えるシーンを見つけてみると、ますます関心の深くなる言葉かもしれません。