意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「流入」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「流入」という表現は「大量の資金が株式市場に流入しました」「この地点には別の川の水が流入しています」といった文章で使われていますが、「流入」にはどのような意味があるのでしょうか?

「流入」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「流入」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「流入」の意味
  • 「流入」の表現の使い方
  • 「流入」を使った例文と意味を解釈
  • 「流入」の類語や類義語


「流入」の意味

「流入」という表現は、「水・液体が流れ込むこと」「水(液体)が河川・海に流れ込むこと」を意味しています。

また「流入」という表現には、「大量の人・物・金などが、他から境界線を越えて入り込んでくること」という意味合いもあります。

  • 「流入」の読み方

「流入」の読み方

「流入」の読み方は、「りゅうにゅう」になります。



「流入」の表現の使い方

「流入」の表現の使い方を紹介します。

「流入」の表現の使い方は、「水・液体が河川・海などに流れ込んでいる場合」に使うという使い方があります。

例えば、「石鹸などの混じった生活排水が、この排水路から流入しています」といった文章で使うことができます。

また「流入」という表現は、「多くの人・金・物などが、外部から入り込んでくる場合」に使うことができます。

例えば、「体制崩壊には難民が大量に流入するリスクがあります」などの文章で使われます。

「流入」を使った例文と意味を解釈

「流入」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「流入」を使った例文1
  • 「流入」を使った例文2

「流入」を使った例文1

「工場で汚染された廃液が海に流入すると、生態系が壊れてしまうリスクがあるのです」

この「流入」を使った例文は、「流入」という表現を、「工場で汚染された廃液が海に流れ込むと」という意味合いで使っています。

「流入」を使った例文2

「大勢の移民が流入してきたことで人口は増えましたが、雇用・治安・内部分断などの問題も増えました」

この「流入」を使った例文は、「大勢の移民が国境線を越えて、国内に入り込んできたことで」という意味を持つ文脈で、「流入」という表現を使用しています。



「流入」の類語や類義語

「流入」の類語・類義語を紹介して、その意味を解説していきます。

  • 「流れ込む・注ぎ込む」
  • 「入り込む・侵入する」

「流れ込む・注ぎ込む」

「流入」という表現は、「水(液体)が河川・海に流れ込むこと」「大量の水を別の場所へと注ぎ込むこと」を意味しています。

その意味合いから、「流入」とほとんど同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「流れ込む・注ぎ込む」を上げられます。

「入り込む・侵入する」

「流入」という表現は、「大量の人・金・物が外部から入り込むこと」「移民などが国境を越えて侵入してくること」を意味しています。

「侵入する」とは、「本来立ち入ってはならない所に、無理に入り込むこと」を示す表現です。

これらの意味から、「入り込む・侵入する」の表現を、「流入」に近い意味を持つ類義語として解釈できるのです。

icon まとめ

この記事で解説した「流入」の表現には、「水・液体が河川・海に流れ込むこと」「多くの人・物・金が境界を越えて入り込んでくること」などの意味があります。

「流入」の類語・類義語として、「流れ込む・注ぎ込む」「入り込む・侵入する」などがあります。

「流入」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。