意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「愛好家」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「愛好家」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「愛好家」という言葉について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「愛好家」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「愛好家」の意味
  • 「愛好家」の表現の使い方
  • 「愛好家」を使った例文と意味を解釈
  • 「愛好家」の類語や類義語


「愛好家」の意味

「愛好家」というのは「こよなく愛する人」という意味です。

「愛好」という言葉には「そのことが好きで楽しむ」という意味があり、例えばバロック音楽が好きならば「バロック音楽愛好家」といえます。

タバコが大好きで止められない場合は「喫煙愛好家」と言えますし、ウイスキーが大好きということであれば「ウイスキー愛好家」といえます。

  • 「愛好家」の読み方

「愛好家」の読み方

「愛好家」の読み方は、「あいこうか」になります。

日常的にも使える表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「愛好家」の表現の使い方

「愛好家」の表現の使い方を紹介します。

「愛好家」というのは「娯楽として研究やスポーツを継続する人」という意味もありますし、「熱烈な追随者や賛美者」という意味で使われることもあります。

例えば、フィギュアを集めているのであれば「フィギュアの愛好家」といえます。

ビールが大好きでお酒の中でもビールを好む、という場合は「ビール愛好家」になりますし、「日本酒の愛好家」も存在します。

「愛好家」を使った例文と意味を解釈

「愛好家」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「愛好家」を使った例文1
  • 「愛好家」を使った例文2

「愛好家」を使った例文1

「父はウイスキー愛好家で、毎晩静かにウイスキーをたしなんでいます」

ウイスキーを好む人は、その香りを楽しみながらウイスキーをたしなむのが好きだ、という人が多いのではないでしょうか。

ウイスキー以外にも日本酒やブランデーを好む人もいるかもしれません。

その場合も「ブランデーの愛好家」などと表現できます。

お酒には人によって好みがありますので、自分の好みを追求してみると良いかもしれません。

「愛好家」を使った例文2

「彼は喫煙愛好家で、タバコがなかなか止められません」

「喫煙愛好家」の場合はタバコがなかなか止められないという問題を抱えているかもしれません。

もちろん、少しタバコを吸う程度であればそこまで問題はありませんが、頻繁にタバコを吸うヘビースモーカーの場合、タバコの本数を減らす努力を求められることもあるでしょう。

「喫煙愛好家」の場合は葉巻など、独特のものが好むこともありますので、なおさらやめられないというトラブルを抱えていることもあります。



「愛好家」の類語や類義語

「愛好家」の類語や類義語を紹介します。

  • 「ファン」
  • 「オタク」

「ファン」

「ファン」というのは「特定の人物や事象に対する支持者や愛好者」を指しています。

「熱狂的な」を意味する表現である「ファナティック」を省略した表現です。

「オタク」

「オタク」というのは1970年代に使われるようになった表現で、「トップカルチャーの愛好者」になります。

最近では「自分の好きな事柄や興味のある分野に傾倒しすぎる人」という意味で使われます。

icon まとめ

「愛好家」という言い回しは日常的に使われる言葉ではありませんが、ぜひ知っておきたい表現だと言えるでしょう。

意味をしっかりと理解しておく必要があります。