意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「腕っぷし」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「腕っぷし」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「腕っぷし」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

腕っぷし

Meaning-Book
「腕っぷし」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「腕っぷし」とは?意味
  • 「腕っぷし」の表現の使い方
  • 「腕っぷし」を使った例文と意味を解釈
  • 「腕っぷし」の類語や類義語


「腕っぷし」とは?意味

「腕っぷし」というのは「腕力」という意味になります。

もしも「腕っぷしが強い」と言えば、それは「腕力が強い」という意味になります。

例えば、「腕っぷしが強い」人は腕相撲で無敵かもしれません。

中学生や高校生の時、好きな女の子に「腕っぷしの強さ」を見せようと努力した人もいるのではないでしょうか。

女子生徒にしてみても、「腕っぷし」の強さは魅力的に感じるかもしれません。



「腕っぷし」の表現の使い方

「腕っぷし」の表現の使い方を紹介します。

「腕っぷし」というのは「王力」という意味になります。

例えば、文化祭の前などで重たいものを運ばなければいけない時など、「腕っぷしに自信がある人は集まってください」などと表現するかもしれません。

「腕っぷしが強い人は歓迎です」と言えば、それは「腕力が強い人にぜひ来てほしい」という意味になります。

「腕っぷし」を使った例文と意味を解釈

「腕っぷし」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「腕っぷし」を使った例文1
  • 「腕っぷし」を使った例文2

「腕っぷし」を使った例文1

「大掃除の準備をするので、腕っぷしが強い生徒はぜひ集まって下さい」

中学や高校では大掃除など、様々な行事があります。

準備をする時などは力仕事が求められることもあります。

そんな時、「腕っぷし」に自信がある男子生徒などが駆り出されることもあるのではないでしょうか。

そんな時は好きな女の子に自分の「腕っぷし」を見せるチャンスでもあります。

もちろん「腕っぷし」だけで全てが決まるわけではありませんが、女の子にとっても魅力的な箇所です。

チャンスがあれば、自分の「腕っぷし」を披露してみましょう。

「腕っぷし」を使った例文2

「彼は腕っぷしが強く、腕相撲では負けたことがありません」

「腕っぷし」が強いという事は腕相撲で無敵だということです。

逆に、「腕っぷし」が弱かったら腕相撲では負けてしまうかも知れません。

「腕っぷし」に自信がある場合、腕相撲に関心があるのではないでしょうか。

また、「腕っぷし」が強い場合は器械体操が強いかもしれません。

部活などで鍛えている人もいる事でしょう。

「腕っぷし」が役立つ部活動等はたくさんありますから、検討してみても良いのではないでしょうか。



「腕っぷし」の類語や類義語

「腕っぷし」の類語や類義語を紹介します。

  • 「腕力」【わんりょく】
  • 「腕自慢」【うでじまん】

「腕力」【わんりょく】

「腕力」というのは「腕の力」という意味です。

特に「相手を殴ったり押さえつけたりする肉体的な力」を指します。

「腕自慢」【うでじまん】

「腕自慢」というのは「自分の腕力や技能に自信がある」という意味を持ちます。

あるいはそのような人を「腕自慢」と表現することもあります。

icon まとめ

「腕っぷし」という表現は日常的にも使える言い回しです。

ぜひきちんと意味を覚えておきましょう。