意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「落ち込みやすい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「落ち込みやすい」という言葉を色々な場面で耳にしたり、実際に使ったりすることがあるかと思います。

この言葉は、人の心理的な傾向を表しているものですが、どのような意味があるのでしょうか?

そこで今回は、この「落ち込みやすい」にはフォーカスしていくことにします。

Meaning-Book
「落ち込みやすい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「落ち込みやすい」の意味
  • 「落ち込みやすい」の表現の使い方
  • 「落ち込みやすい」を使った例文と意味を解釈
  • 4 . 「落ち込みやすい」の類語や類義語


「落ち込みやすい」の意味

「落ち込みやすい」には、「精神状態が良くない状態になりやすいこと」「気持ちが沈み暗くなりやすい」という意味があります。

  • 「落ち込みやすい」の読み方

「落ち込みやすい」の読み方

「落ち込みやすい」「おちこみやすい」という読み方になりますので、ここでしっかりとチェックしておきましょう。



「落ち込みやすい」の表現の使い方

「落ち込みやすい」とは、「気持ちが沈み暗くなりやすい」という意味があるので、他人から厳しい指摘や忠告を受けて、気持ちが暗くなりやすい傾向の強い人を指して使うことがあります。

特に精神的に不安定な人ほど、この言い回しが当てはまるかもしれません。

「落ち込みやすい」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「落ち込みやすい」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「落ち込みやすい」を使った例文1
  • 「落ち込みやすい」を使った例文2

「落ち込みやすい」を使った例文1

「彼女は精神的き落ち込みやすい傾向があるので、仕事において、何かアドバイスをするにも、かなり気を遣う」

今、精神的に不安定になりやすい人がかなり増えてきています。

企業においても、若い世代においてタフな精神力を持っている人が少ないのではないかと思います。

少し厳しいことを言うだけで、ショックを受けて、心の病になる「落ち込みやすい」人が増えているので、管理職の人もかなり困っています。

「落ち込みやすい」を使った例文2

「僕は落ち込みやすい性格だったが、今は様々な経験を積んだことで、タフになったと思う」

誰でもある程度の経験を積んでいくことで、自信を持てるようになります。

しかし、さらに厳しい体験やトラブルなどを経験して、それを乗り越えるとますます強くなり、「落ち込みやすい」性格をカバーすることができます。



4 . 「落ち込みやすい」の類語や類義語

「落ち込みやすい」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのようなものがあるかを見ていくことにします。

  • 「滅入りやすい」【めいりやすい】
  • 「塞ぎこむ」【ふさぎこむ】

「滅入りやすい」【めいりやすい】

「滅入りやすい」「落ち込みやすい」の類義語として挙げることができます。

「元気がなくなり、塞ぎこむ」「しょげる」という意味で使われています。

「あいつは滅入りやすい性格なので、扱いが大変だ」というような使い方になります。

「塞ぎこむ」【ふさぎこむ】

「塞ぎこむ」「落ち込みやすい」に近い意味を持つ言葉なのですが、「ひどく気の晴れない様子をする」「たいそう憂鬱な気分になる」という意味になります。

icon まとめ

「落ち込みやすい」という言葉の意味や使い方を見てきましたが、この言葉が当てはまりそうな人達が、今のビジネス社会には、とても多くなっています。

そのために、後輩社員や部下を育成する上司もとても苦労しています。