意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「特需」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「特需」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「特需」という言葉を使った例文や、「特需」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「特需」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「特需」とは?意味
  • 「特需」の表現の使い方
  • 「特需」を使った例文や短文など
  • 「特需」の類語や類義語・言い換え


「特需」とは?意味

「特需」には、「特別の需要」という意味があります。

また「在日米軍の発注による需要」という意味もあります。

朝鮮戦争やベトナム戦争の時に、米軍が軍事物資の買い付けをした様子を、「特需」と言います。

  • 「特需」の読み方

「特需」の読み方

「特需」の読み方は、「とくじゅ」になります。



「特需」の表現の使い方

「特需」の表現の使い方を紹介します。

「特需」には、「特別の需要」という意味があります。

そのため、何か社会的な要因があり、特別な需要が生まれた時、「特需」という言葉を使ってみましょう。

「特需」のもとになった、在日米軍の発注は、ベトナム戦争や朝鮮戦争のため、米軍が軍事物資を大量に必要になり、供給先として戦場から近い日本が選ばれたため起こった「特需」になります。

このように、何か大きな要因があり、特別な需要が生まれた時、「特需」という言葉を使ってみましょう。

「特需」を使った例文や短文など

「特需」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「特需」を使った例文1
  • 「特需」を使った例文2

「特需」を使った例文1

「ワールドカップが開催され、ラグビー『特需』が起こる」

この例文は、日本でワールドカップが開催されたことにより、ラグビー関連の商売に特別な需要が起こったという意味があります。

このように「特需」には「特別な需要」という意味があります。

ラグビーワールドカップを目当てで日本に来る外国人観光客は、開催地で食事をしたりお酒を飲むため、たくさんのお金を落としてくれるかもしれません。

このように、開催期間に特別に需要が増える様子を、「ワールドカップ特需」などと言います。

「特需」を使った例文2

「増税前に『特需』があったが、浮かれてばかりはいられない」

この例文は、増税を前にして、特別な需要があったからと言って、浮かれてばかりはいられないという意味があります。

増税前に駆け込みで日用品などを購入する人がいるため、「特需」になることがあります。

ただし、増税後は、買い控える人が増えるため、「特需」に浮かれるわけにはいかないという意味があります。



「特需」の類語や類義語・言い換え

「特需」の類語や類似を紹介します。

  • 「繁盛する」【はんじょうする】
  • 「繁忙期」【はんぼうき】

「繁盛する」【はんじょうする】

「繁盛する」には、「賑わい大いに栄えること」という意味があります。

「商売繁盛」には、「商売が賑わい、大いに栄えること」という意味があります。

「繁忙期」【はんぼうき】

「繁忙期」には、「商店などで、来客や注文が多く、特に忙しい時期」という意味があります。

例えばクリスマスの時期は、ケーキ屋の来客や注文が多く特に忙しい時期になるため、「クリスマスはケーキ屋の繁忙期だ」などと「繁忙期」という言葉を使います。

icon まとめ

「特需」という言葉について見てきました。

特別な需要が生じたと感じた時、「特需」という言葉を使ってみましょう。