意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「怒り出す」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「怒り出す」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「怒り出す」という言葉を使った例文や、「怒り出す」の類語を紹介して行きます。

怒り出す

Meaning-Book
「怒り出す」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「怒り出す」とは?意味
  • 「怒り出す」の表現の使い方
  • 「怒り出す」を使った例文や短文など
  • 「怒り出す」の類語や類義語・言い換え


「怒り出す」とは?意味

「怒り出す」には、「不満や不快などがあって、怒りの感情を抑えられない状態になること」「頭に血が上り、腹を立てカッとなるなること」という意味があります。

  • 「怒り出す」の読み方

「怒り出す」の読み方

「怒り出す」の読み方は、「おこりだす」になります。



「怒り出す」の表現の使い方

「怒り出す」の表現の使い方を紹介します。

「怒り出す」は、「不満や不快などがあって、怒りの感情を抑えられない状態になること」「頭に血が上り、腹を立てカッとなるなること」を意味します。

そこでそのような気持ちになっている人を見た時、「怒り出す」という言葉を使ってみましょう。

例えば、いつもは温厚な人が、体調などが悪くイライラしていることがあります。

そのような人に対して、普段のように冗談を言った時、イライラしているためか、腹を立て始めることがあります。

このような様子を、「いつもは温厚な○○さんが、怒り出した」などと、「怒り出す」という言葉を使って説明してみましょう。

「怒り出す」を使った例文や短文など

「怒り出す」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「怒り出す」を使った例文1
  • 「怒り出す」を使った例文2

「怒り出す」を使った例文1

「先生が『怒り出す』前に、先手を打って謝る」

この例文には、先生が腹を立て、我慢できない気持ちになる前に、先回りして謝るという文章になります。

このように「怒り出す」には、「不満や不快などがあって、怒りの感情を抑えられない状態になること」「頭に血が上り、腹を立てカッとなるなること」という意味があります。

例えば、宿題を忘れた時、先生が「怒り出す」前に、泣きながら謝罪すれば、先生も怒るタイミングがないため許してくれるかもしれません。

「怒り出す」を使った例文2

「楽しくお酒を飲んでいたと思ったが、友達が突然『怒り出した』」

この例文のように、楽しくお酒を飲んでいたはずなのに、どちらかが突然腹を立てて、そのまま口喧嘩人発展するようなことがあります。

お酒の席では、お互いがワガママになったり、気遣いができなくなるため、相手が「怒り出す」ようなことを言いやすくなるかもしれません。



「怒り出す」の類語や類義語・言い換え

「怒り出す」の類語や類似を紹介します。

  • 「激怒」【げきど】
  • 「感情的」【かんじょうてき】

「激怒」【げきど】

「激怒」「激しい勢いで怒り狂うこと」を意味します。

「部下のミスに激怒する」「激怒して飛びかかる」などという使い方をします。

「感情的」【かんじょうてき】

「感情的に」は、「感情にまかせた行動を取り、ヒステリックで冷静さをなくすこと」を意味します。

「感情的になり、怒鳴ってしまう」という文章には、「激情に駆られて冷静さをなくし、声を荒げてしまう」という意味があります。

icon まとめ

「怒り出す」という言葉について見てきました。

誰かが不満や不快などがあって、我慢できない気持ちになる様子を見た時などに、「怒り出す」という言葉を使ってみましょう。