意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「充てる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「充てる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「充てる」という言葉を使った例文や、「充てる」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「充てる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「充てる」とは?意味
  • 「充てる」の表現の使い方
  • 「充てる」を使った例文や短文など
  • 「充てる」の類語や類義語・言い換え


「充てる」とは?意味

「充てる」には、「全体の一部をそのために使う」という意味があります。

  • 「充てる」の読み方

「充てる」の読み方

「充てる」の読み方は、「あてる」になります。



「充てる」の表現の使い方

「充てる」の表現の使い方を紹介します。

「充てる」は、「全体の一部をそのために使うこと」を意味します。

そこで、全体の一部を、何かのために使う様子を見た時、「充てる」という言葉を使ってみましょう。

例えば、お小遣いの一部を、募金に使う子供がいるとします。

すると、お小遣い全体の一部を、募金のために使っていると言えます。

そこで「お小遣いの一部を、募金に充てる子供」というように、「充てる」を使って、子供の様子を文章にしてみましょう。

「充てる」を使った例文や短文など

「充てる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「充てる」を使った例文1
  • 「充てる」を使った例文2

「充てる」を使った例文1

「長期休暇の数日間を、資格取得の勉強に『充てる』」

この例文は、お盆休みなどの長期休暇の中の一部を、資格取得の勉強のために使うという文章になります。

このように「充てる」には、「全体の一部をそのために使う」という意味があります。

長期休暇を全てバカンスなどに使わずに、資格取得の為に使えば、将来的に役立つスキルを身に付けられるかもしれません。

「充てる」を使った例文2

「ボーナスの一部を、住宅ローンの繰り上げに『充てる』」

この例文は、ボーナス全額のうち、一部分を住宅ローンのために使うという文章になります。

住宅ローンは、繰り上げ返済ができるため、余裕があるお金を返済に回せます。

住宅ローンの総額が減るため、節約になるかもしれません。



「充てる」の類語や類義語・言い換え

「充てる」の類語や類似を紹介します。

  • 「充当する」【じゅうとうする】
  • 「振り分ける」【ふりわける】

「充当する」【じゅうとうする】

「充当する」「人員や金品を、ある目的や用途に充てること」を意味します。

「混雑している店舗に、バイトを充当する」という文章には、「混雑店の運営をスムーズにするため、バイトを充てる」という意味があります。

「生活費を充当する」などという使い方をします。

「振り分ける」【ふりわける】

「振り分ける」には、「二つに分けること」「いくつかに分けること」という意味があります。

「仕事を振り分ける」という文章には、「一つの仕事を、二人分に分ける」などの意味があります。

icon まとめ

「充てる」という言葉について見てきました。

全体の一部をそのために使うことを一言で言い表す時、「充てる」という言葉を使ってみましょう。