意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「休み明け」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「休み明け」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「休み明け」という言葉を使った例文や、「休み明け」の類語を紹介して行きます。

休み明け

Meaning-Book
「休み明け」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「休み明け」とは?意味
  • 「休み明け」の表現の使い方
  • 「休み明け」を使った例文や短文など
  • 「休み明け」の類語や類義語・言い換え


「休み明け」とは?意味

「休み明け」には、「休日が終わった翌日のこと」という意味があります。

  • 「休み明け」の読み方

「休み明け」の読み方

「休み明け」の読み方は、「やすみあけ」になります。



「休み明け」の表現の使い方

「休み明け」の表現の使い方を紹介します。

「休み明け」は、「休日が終わった翌日のこと」を意味します。

そこで、休日が終わった翌日の様子を文章にする時、「休み明け」という言葉を使ってみましょう。

例えば休日が終わった翌日に、仕事の打ち合わせを入れることがあるかもしれません。

このような様子を、「休み明けに、打ち合わせを入れる」などと「休み明け」を使った文章にできます。

「休み明け」を使った例文や短文など

「休み明け」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「休み明け」を使った例文1
  • 「休み明け」を使った例文2

「休み明け」を使った例文1

「『休み明け』の出社前は、いつもより気が重い」

この例文は、休みが終わった次の日の、出社前の朝は、通常の平日の朝よりも気が重いという文章になります。

このように「休み明け」は、「休日が終わった翌日のこと」を意味します。

休日が楽しいほど、「休み明け」の朝の気分は憂鬱になるかもしれません。

「休み明け」を使った例文2

「『休み明け』は、仕事モードになりにくい」

この例文は、休みが終わったばかりの日は、仕事をする気分になりにくいという文章になります。

まだ休み気分が続いていて、気持ちを切り替えられないためかもしれません。



「休み明け」の類語や類義語・言い換え

「休み明け」の類語や類似を紹介します。

  • 「連休明け」【れんきゅうあけ】
  • 「正月明け」【しょうがつあけ】

「連休明け」【れんきゅうあけ】

「連休明け」という言葉には、「連休が終わった翌日のこと」という意味があります。

「連休明けだと、仕事の仕方を忘れている」という文章は、「連休が終わった次の日は、仕事の仕方を忘れている気がする」を意味します。

「連休明けは、気怠い」「連休明けに、打ち合わせをしましょう」などという使い方をします。

「正月明け」【しょうがつあけ】

「正月明け」は、「正月休みが終わった翌日」を意味します。

「正月明けは、餅を食べすぎて体が重い」という文章には、「正月が終わった翌日は、餅を食べすぎてしまったせいか、体が重く感じる」という意味があります。

「正月明け、一発目の仕事」などという使い方をします。

icon まとめ

「休み明け」という言葉について見てきました。

休日が終わった翌日のことを、一言で言い表したい時、「休み明け」という言葉を使ってみましょう。