意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「慮り」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「慮り」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「慮り」という言葉を使った例文や、「慮り」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「慮り」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「慮り」とは?意味
  • 「慮り」の表現の使い方
  • 「慮り」を使った例文や短文など
  • 「慮り」の類語や類義語・言い換え


「慮り」とは?意味

「慮り」には、「慮ること」「思慮や計略」という意味があります。

ちなみに「慮る」には、「周囲の状況などをよくよく考える」「思い巡らす」という意味があります。

  • 「慮り」の読み方

「慮り」の読み方

「慮り」の読み方は、「おもんばかり」になります。



「慮り」の表現の使い方

「慮り」の表現の使い方を紹介します。

「慮り」には、「慮ること」「思慮や計略」という意味があります。

そこで、何かを慮っている様子を見た時、また思慮や計略を持っていると感じた時に、「慮り」という言葉を使ってみましょう。

例えば、転校生が学校に来た時、学級委員の生徒が、その生徒の状況などをよくよく考えているかもしれません。

そして積極的に話しかけて、転校生がクラスに溶け込めるように配慮するかもしれません。

このような様子を、「学級委員が転校生を慮り、積極的に話しかけている」などと、「慮り」を使った文章で伝えられます。

「慮り」を使った例文や短文など

「慮り」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「慮り」を使った例文1
  • 「慮り」を使った例文2

「慮り」を使った例文1

「私の状況を『慮り』、社長は私が会社を辞めることを許してくれた」

この例文は、会社を辞めることを社長に伝えた時、その人の状況に思いを巡らし、会社を辞めることを認めたという文章になります。

このように「慮り」は、「慮ること」「思慮や計略」を意味します。

転職する理由や退職する理由は、いくつもありますが、会社側が納得できる理由の場合は、気持ち良く送り出してくるでしょう。

「慮り」を使った例文2

「彼女の気持ちを『慮り』、離婚に同意しようと決める」

この例文は、ある夫婦の別れについての文章になります。

妻の気持ちに思いを巡らせて夫が、本当は離婚したくないが、同意したという文章です。

このように、離婚するほど気持ちが離れた夫婦でも、相手を「慮り」、適切な行動を取れるのは素敵なことかもしれません。



「慮り」の類語や類義語・言い換え

「慮り」の類語や類似を紹介します。

  • 「思慮」【しりょ】
  • 「計略」【けいりゃく】

「思慮」【しりょ】

「思慮」には「いろいろと慎重に考えること」という意味があります。

「思慮が浅い」という言葉には、「いろいろと慎重に考えている様子がほとんど見えない」という意味があります。

「思慮に欠けるセリフ」などという使い方をします。

「計略」【けいりゃく】

「計略」には、「目的が達せられるよう、前もって考えておく手段」という意味があります。

「計略に引っかかる」「計略を巡らす」などという使い方をします。

icon まとめ

「慮り」という言葉について見てきました。

慮ることや、思慮や計略について話す時、「慮り」という言葉を使ってみましょう。