意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「目まぐるしい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「目まぐるしい」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「目まぐるしい」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「目まぐるしい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「目まぐるしい」とは?意味
  • 「目まぐるしい」の表現の使い方
  • 「目まぐるしい」を使った例文と意味を解釈
  • 「目まぐるしい」の類語や類義語


「目まぐるしい」とは?意味

「目まぐるしい」とは「目の前にあるものが次から次えと映ったり動いたりするので目が回るようだ」という意味になります。

例えば、仕事が忙しくて「目まぐるしい」と感じる人もいるのではないでしょうか。

年末年始などはどうしても忙しくなり、「目まぐるしい」こともあるかもしれません。



「目まぐるしい」の表現の使い方

「目まぐるしい」の表現の使い方を紹介します。

例えば、主婦の仕事は「目まぐるしい」と感じる人もいるのではないでしょうか。

家事をして子供の面倒をいるという仕事はアクシデントも起こりやすく、例えば急に子供が熱を出した子供が怪我をした、などということがあるとすぐに病院に行かなければいけません。

郵便局に行く、銀行に行く、などという行事に加えて急に病院に行かなければならなくなったなどということもありますので、非常に「目まぐるしい」と言えるのです。

「目まぐるしい」を使った例文と意味を解釈

「目まぐるしい」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「目まぐるしい」を使った例文1
  • 「目まぐるしい」を使った例文2

「目まぐるしい」を使った例文1

「彼女は常に友達と遊ぶ予定を目まぐるしく入れている」

若い人の場合、仕事が終わってから友達に会い、休日も友達に会いに出かける、などということがあるかもしれません。

それこそ年配の人にしてみれば「あれだけ出かけてよく体がもつね」などと思われてしまうこともあるかもしれません。

仕事に行きながらも友達に会う時間を大切にしていると、場合によってはスケジュールが「めまぐるしく」なってしまうこともあるのではないでしょうか。

「目まぐるしい」を使った例文2

「教師という仕事はとても目まぐるしいです」

教師というのは授業だけやっていれば良いというわけではありません。

クラス運営や学校運営に携わらなければなりませんし、学校行事や部活動等といった役割も出てきます。

また、他の学校や教育委員会等との提携もありますし、もちろん授業に向けて教材研究もしていかなければいけません。

特に忙しい時期など、教師の仕事はとても「目まぐるしい」といえます。



「目まぐるしい」の類語や類義語

「目まぐるしい」の類語や類義語を紹介します。

  • 「慌ただしい」【あわただしい】
  • 「変転する」【へんてんする】

「慌ただしい」【あわただしい】

「慌ただしい」というのは「次から次へと用事があり、落ち着かない」という意味です。

頻繁に用事を作り、出かけてしまう人は「慌ただしい」と思われているかもしれません。

「変転する」【へんてんする】

「変転する」というのは「状態や情勢が移り、変化していくこと」という意味です。

「目まぐるしく変転する世相」などと言われます。

icon まとめ

「目まぐるしい」という表現は日常的にも使えますのでぜひ覚えておきましょう。

「目まぐるしい」という生活をしたら、休むことも覚えておきたいです。