意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「日射し」とは?!意味や解説

「日射し」は、簡単な意味ながら、色々な使い方ができる言葉です。

日射し

Meaning-Book
「日射し」とは?!意味や解説>


目次

  • 「日射し」とは?
  • 「日射し」を使った例文と意味を解釈


「日射し」とは?

「日射し」という言葉は、日光、もしくはその光の様子に対して使います。

「今日は日射しが強い」のような使い方をよく見聞きするので、全く意味が分からないという人は少ないでしょう。

先のようにそれが強い、弱いという使い方の他に、それが必要だ、逆に必要ないといったようにも用いられる言葉で、夏のシーズンには特に多く使われています。

  • 「日射し」の読み方

「日射し」の読み方

「日射し」は、「ひざし」と読んでください。

「日」の字を変えて「陽射し」としても構いません(読みも同じです)。

また、「日差し」とも使われることがあり、こちらでも間違えではありません。



「日射し」を使った例文と意味を解釈

「日射し」を使った例文と、その意味の解釈です。

「直射日光」を表す言葉の為、それではない光には使いません。

  • 「日射し」を使った例文1
  • 「日射し」を使った例文2
  • 「日射し」を使った例文3

「日射し」を使った例文1

「日射しがこれだけ強いと、嫌でも腕が焼けてしまう」

夏には特に意識して焼こうと思っていなくても、服装で覆っていない顔や腕が焼けてしまうことが少なくありません。

基本的に日射しが強いほどそうなることが多いと考えていいでしょう。

「日射し」を使った例文2

「これは日射しに当てないで保管するように言われている」

「日射し」を使った例文3

「日射しがないことには、植物が育たない」

植物が生育する過程において、水とこの日射しは欠かせないものです。

最近では人工的な光で育てるという技術も発達していますが、特定の食用のものにしか使われていません。

食料品のほとんどは、直射日光を避けた場所に保管するものです。

それによって痛みが早くなったり、物によっては溶けて変形してしまうものもあるからです。

icon まとめ

「日射し」は目に見える太陽の光、その加減のことだと解釈して使ってください。

冬でもこれが強い日もあるように、夏だけに強くなるというものでもありません。