意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「笑いもの」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「笑いもの」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「笑いもの」という表現について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「笑いもの」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「笑いもの」とは?意味
  • 「笑いもの」の表現の使い方
  • 「笑いもの」を使った例文と意味を解釈
  • 「笑いもの」の類語や類義語


「笑いもの」とは?意味

「笑いもの」というのは「周りの多くの者から嘲笑される人」ということになります。

「人から馬鹿にされる対象の事」「もの笑いの種」と言われることもあります。

例えば、クラスで失敗してしまい、みんなの「笑い者」になったという経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

人前で転び、周りから笑われてしまったという場合、「笑いものになった」といえます。



「笑いもの」の表現の使い方

「笑いもの」の表現の使い方を紹介します。

「周りから嘲笑される人」「笑いもの」だと言えるでしょう。

誰でも「笑いもの」にはなりたくないものです。

例えば芸人の場合、「笑いもの」になることで笑いを取ろうとする人もいますし、「笑いもの」にはならないようにしながらお笑いセンスを磨こうとする人もいます。

みんなの「笑いもの」にはなりたくないと感じる人もいるのではないでしょうか。

「笑いもの」を使った例文と意味を解釈

「笑いもの」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「笑いもの」を使った例文1
  • 「笑いもの」を使った例文2

「笑いもの」を使った例文1

「妹はみんなの前で転んでしまい、しばらくの間笑いものになってしまっていました」

運動会などでみんなの前で転んでしまった場合、しばらく周りから笑われてしまうということもあるかもしれません。

誰でも転んでしまう可能性はありますし、努力して走った結果であれば笑ってはいけないのですが、このようなミスは人々の記憶に残る可能性があります。

もしも「笑もの」になっていると感じたら、笑わないでほしいと周りにお願いしても良いでしょう。

また、もしもクラスでこのようなトラブルが起こっていれば、教師たちもしっかりする必要があります。

「笑いもの」を使った例文2

「子供の頃から身長が低くて笑いものにされました」

子供の頃、身長の高さが気になったという人もいるのではないでしょうか。

身長が高い分には問題ありませんが、身長が低くて周りから馬鹿にされた、などという人もいるかもしれません。

人によっては高校生になってからぐんと伸びることもありますから、小中学生のときの身長で何かが決まるという事はありませんが、それでも子供の時は身長が高い人が羨ましかった、という人もいるのではないでしょうか。



「笑いもの」の類語や類義語

「笑いもの」の類語や類義語を紹介します。

  • 「嘲笑される」【ちょうしょうされる】
  • 「笑いの種」【わらいのたね】

「嘲笑される」【ちょうしょうされる】

「嘲笑される」というのは「自分が劣ったものとみなされて嘲られること」という意味です。

「見下される」「馬鹿にされる」などと言われることもあります。

「笑いの種」【わらいのたね】

「笑いの種」というのは「笑ってしまうようなおかしな物事」という意味です。

「笑いのタネ」と記載されることもあります。

icon まとめ

「笑いもの」という表現は日常的にも使えます。

人を「洗い物」にしないように気をつけましょう。