意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「元来」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「元来」という言葉を耳にしたことが、今までの中で何回かあったかと思います。

この言葉を見ると、少し固そうな印象を覚えるのですが、身近な会話の中でも、意外とよく使われていたりします。

そこで今回は、この「元来」について、見ていくことにします。

Meaning-Book
「元来」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「元来」の意味
  • 「元来」の表現の使い方
  • 「元来」を使った例文と意味を解釈
  • 「元来」の類語や類義語


「元来」の意味

「元来」とは「最初からそういう状態や性質であること」もいう意味を持つ言葉です。

簡単な言い方では、「元々」という表現になるのですが、この解釈の他に、物事を説こうとしたり、疑問を呈する時に文章の頭に付ける語としても使われます。

  • 「元来」の読み方

「元来」の読み方

「元来」「がんらい」という読み方になりますので、ここでしっかりとチェックしておきましょう。



「元来」の表現の使い方

「元来」「初めからそのような状態である」という意味があるので、「この文章は元来、僕が書いたものだ」というような使い方をします。

「元来」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「元来」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「元来」を使った例文1
  • 「元来」を使った例文2

「元来」を使った例文1

「僕は食べる物に関しては、元来好き嫌いがないんだ。そのためにどんな料理も平気だよ」

食べ物で好き嫌いがないことは、とてもいいことです。

「元来」何でも食べることができるので、友人宅に食事に呼ばれても、困ることがないのです。

偏食の多い人からすると、とてもうらやましいことでしょう。

「元来」を使った例文2

「元来幸福とは、何なのであろうか?お金を稼ぐことが幸せなのか、それとも愛する人との暮らしが幸福なのか」

自分に問いかけるようなセリフです。

幸福とは、人によっての尺度が異なりますし、具体的な状況も違います。

そのようなことを思うと、「元来、幸福とは何か?」という問いかけになってくるのかもしれません。



「元来」の類語や類義語

「元来」を他の言葉で、言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「生まれつき」【うまれつき】
  • 「基本的に」【きほんてきに】

「生まれつき」【うまれつき】

「生まれつき」という言葉が「元来」の類義語として見ることができるでしょう。

「生まれてからの性質をそのまま通して」という意味で理解することができます。

「基本的に」【きほんてきに】

「基本的に」という言葉も「元来」に近い意味を持つ言葉とした使うことができます。

「本質の上で」という意味で使われています。

icon まとめ

「元来」という言葉の意味や使い方をいくつか見てきましたが、この言葉は普段の会話の中でも、よく使われている言葉です。

「元々そうであったこと」を前提として、自分の伝えたい時に用いられます。

但し、この言葉は多用すると、この言葉の後に続く内容が少しきつく、しつこい印象を与えてしまうので、使い方に注意しなくてはなりません。

そのためには、「元来」の言葉の性質をよく理解して、シチュエーションを判断しながら、使い分ける必要があると思います。