意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「そろり」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「そろり」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「そろり」という言葉を使った例文や、「そろり」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「そろり」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「そろり」とは?意味
  • 「そろり」の表現の使い方
  • 「そろり」を使った例文や短文など
  • 「そろり」の類語や類義語・言い換え


「そろり」とは?意味

「そろり」には、「動作が柔らかくゆっくりとしていて、静かでそっとしたこと」という意味があります。



「そろり」の表現の使い方

「そろり」の表現の使い方を紹介します。

「そろり」は、「動作が柔らかくゆっくりとしていて、静かでそっとしたこと」を意味します。

そこで、動作がゆっくりして、静かな様子の人などを見た時に、「そろり」という言葉を使ってみましょう。

例えば、飲み会の途中で、用事があり家に帰る人がいます。

みんな酔っているため、帰ると宣言すると絡まれてしまう可能性が高いでしょう。

そこで、ゆっくりと静かな様子で立ち上がり、そっと店を出て行くかもしれません。

このような様子を、「彼は飲み会の途中で、そろりと席を立ち、店を出た」というように、「そろり」を使って説明できます。

「そろり」を使った例文や短文など

「そろり」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「そろり」を使った例文1
  • 「そろり」を使った例文2

「そろり」を使った例文1

「忍者が敵の城に侵入し、『そろり』と廊下を歩く」

この例文は、敵の城に侵入した忍者が、廊下をゆっくりと静かに歩いている様子を文章にしたものです。

このように「そろり」は、「動作が柔らかくゆっくりとしていて、静かでそっとしたこと」を意味します。

敵に気付かれず、情報収集したり、敵の大将の首を狙うため、「そろり」と廊下を歩く必要があるためです。

「そろり」を使った例文2

「仕事が早めに終わったため、職場を『そろり』と出て行く」

この例文は、仕事を早めに終えた人が、終業時間を待たず、ゆっくりと静かに職場を出て行く様子を文章にしたものです。

まだ仕事をしている人もいますし、規則的には終業時間まで席にいた方がいいという思いがあるため、「そろり」と席を抜けています。

あえて「先に帰る」などと言うよりも、波風が立たないでしょう。



「そろり」の類語や類義語・言い換え

「そろり」の類語や類似を紹介します。

  • 「そっと」【そっと】
  • 「ふわり」【ふわり】

「そっと」【そっと】

「そっと」は、「音を立てないようにして、物事を他人に知られないようにすること」を意味します。

「そっとドアを閉める」という文章には、「音を立てないよう、ドアを閉める」という意味があります。

「そっと抱きしめる」「そっと座る」などという使い方をします。

「ふわり」【ふわり】

「ふわり」には「軽く柔らかく浮かんでいるようすのこと」という意味があります。

「ふわりと、風船が飛ぶ」という文章には、「風船が軽くやわらかに、空を飛ぶ」を意味します。

「ふわりと、タンポポの種が舞う」などという使い方をします。

icon まとめ

「そろり」という言葉について見てきました。

動作がゆっくりとしていて、静かな様子で動く人などを見た時、「そろり」という言葉を使ってみましょう。