意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「同窓」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「同窓」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

学校を卒業して数十年ぶりに「同窓会」が催されて、懐かしい一時を楽しむような時にも、この言葉が使われています。

しかし、それ以外でも使われる機会が色々とありそうです。

そこで今回は、この「同窓」にフォーカスして、言葉の意味や使い方を考えていくことにします。

Meaning-Book
「同窓」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「同窓」の意味
  • 「同窓」の表現の使い方
  • 「同窓」を使った例文と意味を解釈
  • 「同窓」の類語や類義語


「同窓」の意味

「同窓」とは「同じ学校または同じ先生に学んだこと」という意味がある言葉です。

  • 「同窓」の読み方

「同窓」の読み方

「同窓」「どうそう」という読み方になりますが、「同窓会」などの使い方でよく知られていますので、ここで再確認をしておくレベルでいいでしょう。



「同窓」の表現の使い方

「同窓」とは、「同じ学校や先生に学んだこと」という意味がありますので、学校を卒業して以降、偶然にも同じ環境にいたことから、意気投合するような場面で使われることがあります。

同じように出身地だったことが分かり、改めて、卒業校を尋ねてみると、「同窓」だったということがよくあります。

「同窓」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「同窓」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「同窓」を使った例文1
  • 「同窓」を使った例文2

「同窓」を使った例文1

「明日は30年ぶりに地元で同窓会がある。とても懐かしい顔ぶれに会えることを楽しみにしている」

ふと、当時の学級委員長から届いた「同窓」会の招待状。

学校を卒業してから、30年ぶりの集まりに懐かしさと嬉しさを持って参加するのです。

中には、当時、クラスで一番悪かった不良少年が「同窓」会の幹事を努めることもあって、ますます面白くなることもあります。

「同窓」を使った例文2

「同窓のよしみで、今回、大きな仕事をあいつと取り交わすことになったのです」

仕事をしていると、昔のつながりで関わりを持ってことがあります。

これこそ「同窓」のよしみというものですが、旧知の仲だけに、むしろ迷惑をかけられないというプレッシャーが生まれたりします。

新たな仕事を作る時に、「同窓」をツテにすることは決して悪いことではありませんが、ビジネスと割り切ることができないこともあるので、注意が必要でしょう。



「同窓」の類語や類義語

「同窓」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「校友」【こうゆう】
  • 「同門」【どう‐もん】

「校友」【こうゆう】

「校友」という言葉が「同窓」と同じ意味を持つ類義語として扱うことができます。

「同じ学校に学ぶ友」、あるいは「学校側から見たその学校の卒業生」という意味で使われています。

「同門」【どう‐もん】

少し古くさい語感のある「同門」も類義語の1つになります。

「同じ師匠・先生の下で学ぶこと」「その人」のことを指しています。

icon まとめ

「同窓」という言葉を聞くと、とても懐かしい思いに浸ることができると思います。

それだけこの言葉には、昔の良き日を思い浮かべさせる響きがあります。

もし、「同窓」の人と集まる機会があるのなら、是非、参加して昔の思い出を共有したいものです。