意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「耳にする」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「耳にする」という表現は「彼女は今、外国にいると耳にしました」「そのことを耳にする機会がありました」などの文章で使われますが、どんな意味を持っているのでしょうか?

「耳にする」の言葉の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「耳にする」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「耳にする」の意味
  • 「耳にする」の表現の使い方
  • 「耳にする」を使った例文と意味を解釈
  • 「耳にする」の類語や類義語


「耳にする」の意味

「耳にする」という表現は、「人づてに、ある話の内容が耳に入ってくること」「人が話している内容が聞こえてくること、小耳にはさむこと」を意味しています。

また「耳にする」という表現には、「噂話・テレビ・ラジオなどを介して、ある話の内容・情報を聞くこと」という意味合いもあります。

  • 「耳にする」の読み方

「耳にする」の読み方

「耳にする」の読み方は、「みみにする」になります。



「耳にする」の表現の使い方

「耳にする」の表現の使い方を紹介します。

「耳にする」の表現の使い方は、「人が話している内容(噂話など)が聞こえてきた時」「テレビ・ラジオなどでその情報を聞いた時」に使うという使い方になります。

例えば、「アメリカや中国が経済(貿易)・軍事の戦争を起こそうとしているというその陰謀論は、どこかで耳にした内容でした」といった文章で使用することができます。

「耳にする」を使った例文と意味を解釈

「耳にする」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「耳にする」を使った例文1
  • 「耳にする」を使った例文2

「耳にする」を使った例文1

「音信不通になっている古い友達の消息について、気になる情報を耳にする機会がありました」

この「耳にする」を使った例文は、「耳にする」という表現を、「気になる情報を人づてに聞く機会があった」という意味を持つ文脈で使用しています。

「耳にする」を使った例文2

「間もなくあのプロ野球選手が怪我から復帰するという情報を、テレビのスポーツニュースで耳にしました」

この「耳にする」を使った例文は、「テレビのスポーツニュースを介して聞いた・知った」という意味合いで、「耳にする」の表現を使っています。



「耳にする」の類語や類義語

「耳にする」の類語や類義語を紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「小耳にはさむ」【こみみにはさむ】
  • 「仄聞する・人づてに聞く」

「小耳にはさむ」【こみみにはさむ】

「小耳にはさむ」という慣用句的な表現は、「ちょっとその話を耳にすること」「人づてに噂話などでその情報を聞くこと」を意味しています。

その意味から、人が話している内容が聞こえてくることを示す「耳にする」の類語(シソーラス)として、「小耳にはさむ」という表現を指摘することができます。

「仄聞する・人づてに聞く」

「仄聞する」という表現は、「人づてや噂話などでその情報を少し耳にすること」を意味しています。

「人づてに聞く」という言葉は、「本人から直接聞くのではなく、誰か人を介してその話を聞くこと」を示しています。

これらの意味合いから、「仄聞する・人づてに聞く」の表現を、人づてにその内容を聞くを意味する「耳にする」の類義語として上げられるのです。

icon まとめ

この記事で説明した「耳にする」の表現には、「人づてに、ある話の内容が耳に入ってくること」「人が話している内容・情報が聞こえてくること」などの意味があります。

「耳にする」の類語・類義語として、「小耳にはさむ」「仄聞する・人づてに聞く」などがあります。

「耳にする」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。