意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「一揖」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「一揖」という表現は現代の話し言葉ではほとんど使われていませんが、「一揖」は文学作品の表現やマナーの言葉として使われています。

「一揖」とは何を意味しているのでしょうか?「一揖」の表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

一揖

Meaning-Book
「一揖」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「一揖」の意味
  • 「一揖」の表現の使い方
  • 「一揖」を使った例文と意味を解釈
  • 「一揖」の類語や類義語


「一揖」の意味

「一揖」という表現は、「相手に対する認識や敬意を示すために、軽くお辞儀をすること」を意味しています。

「一揖」というのは、「相手の存在を認識した上で、相手に対する好意的な気持ち(敬意)を示すために一礼すること」を意味している表現なのです。

「一揖」は古代中国の儒教徒(士大夫)の敬礼に起源があると推測され、「揖」という漢字には「両手を胸の前で組み合わせて頭を下げる方式の敬礼」という意味があります。

  • 「一揖」の読み方

「一揖」の読み方

「一揖」の読み方は、「いちゆう」になります。



「一揖」の表現の使い方

「一揖」の表現の使い方を紹介します。

「一揖」の表現の使い方は、「相手を認識して好意・敬意を示すために、軽くお辞儀(一礼)をする場合」に使うという使い方になります。

例えば、「優雅な貴婦人がにっこりとした笑顔で一揖して去って行きました」などの文章で使うことができます。

「一揖」を使った例文と意味を解釈

「一揖」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「一揖」を使った例文1
  • 「一揖」を使った例文2

「一揖」を使った例文1

「相手が私を見て一揖してきたので、その人が知り合いであるということが分かりました」

この「一揖」を使った例文は、「相手が私を見てお辞儀してきたので」という意味合いで、「一揖」という表現を使っています。

「一揖」を使った例文2

「初対面の相手に対して一揖することによって、自分の第一印象を大幅にアップさせることができます」

この「一揖」を使った例文は、「一揖」という表現を、「初対面の相手に対して敬意をこめて一礼することによって」という意味を持つ文章で使用しています。



「一揖」の類語や類義語

「一揖」の類語や類義語を紹介します。

  • 「一礼・お辞儀」
  • 「会釈・敬礼」

「一礼・お辞儀」

「一揖」という表現は、「相手を認識してから、好意・尊敬を込めてお辞儀や一礼のあいさつをすること」を意味しています。

「お辞儀・一礼」とは、「相手に対して頭を下げて行うあいさつ」のことを意味しています。

その意味合いから、「一揖」とほぼ同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「一礼・お辞儀」という表現を考えることができるのです。

「会釈・敬礼」

「会釈」という表現は、「軽く頭を下げて(軽くお辞儀をして)行うあいさつ」のことを意味しています。

「一揖」というのは、「相手に対する敬意の思いを込めて、腕を組み合わせて敬礼すること」に語源があります。

この意味・語源から、「会釈・敬礼」という表現を、相手を認識してお辞儀をすることを示す「一揖」の類義語として解釈できます。

icon まとめ

この記事で解説した「一揖」の表現には、「相手を認識した上で、好意・敬意を込めてお辞儀をすること、一礼すること」などの意味があります。

「一揖」の類語・類義語として、「一礼・お辞儀」「会釈・敬礼」などがあります。

「一揖」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。