意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「トントン拍子」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「トントン拍子」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「トントン拍子」という表現について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「トントン拍子」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「トントン拍子」の意味
  • 「トントン拍子」の表現の使い方
  • 「トントン拍子」を使った例文と意味を解釈
  • 「トントン拍子」の類語や類義語


「トントン拍子」の意味

「トントン拍子」というのは「物事がどんどん順調に進むこと」という意味です。

例えば仕事をしていると取引先の会社などと交渉しなければいけないこともあるでしょう。

「交渉がトントン拍子に運ぶ」ということもあるかもしれません。

あるいは、就職活動をするときに「就活がトントン拍子に進む」ということもあるのではないでしょうか。

就活というと大変そうなイメージがありますが、人によっては「トントン拍子」に終わらせてしまうこともあります。

  • 「トントン拍子」の読み方

「トントン拍子」の読み方

「トントン拍子」の読み方は、「とんとんびょうし」になります。

日常的にも使える言い回しですので、ぜひ覚えておきましょう。



「トントン拍子」の表現の使い方

「トントン拍子」の表現の使い方を紹介します。

「トントン拍子」「物事が順調にはかどる」という意味です。

例えば、「トントン拍子に出世する」人もいるかもしれません。

最近は出世も難しいと言われていますが、就職したらあっという間に係長、課長、部長、と出世していく人もいるでしょう。

あるいは交渉などで「トントン拍子に話がまとまる」こともあるかもしれません。

時間がかからずにさっさと話し合いが終わった、という場合は「トントン拍子」だった可能性があります。

「トントン拍子」を使った例文と意味を解釈

「トントン拍子」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「トントン拍子」を使った例文1
  • 「トントン拍子」を使った例文2

「トントン拍子」を使った例文1

「トントン拍子で試験に合格しました」

試験を受ける時、一次試験や二次試験等と何回か試験を受けなければいけないこともあります。

一次試験に何度も失敗し、二次試験も一発では合格できなかったなどということもあるかもしれません。

しかし、もしかしたらあっという間に「トントン拍子」で合格することもあるのではないでしょうか。

「トントン拍子」を使った例文2

「彼はトントン拍子で仕事が決まりました」

就活はとにかく時間やお金がかかると感じることもあるかもしれません。

確かに、交通費等を踏まえると就活にはお金がかかると言われています。

しかし、その一方でしっかりと企業について調べ、「トントン拍子」で就活を終えてしまう人も存在します。

なかなか就活がうまくいかないと思ったら、うまくいっている人からヒントを得ることも大切です。



「トントン拍子」の類語や類義語

「トントン拍子」の類語や類義語を紹介します。

  • 「スムーズ」
  • 「なめらか」

「スムーズ」

「スムーズ」というのは「物事が滞らずすらすらと進む」という意味です。

「増税がスムーズに決定しました」などと使えます。

「なめらか」

「なめらか」という表現には「摩擦がなくてよく滑る状態」という意味もありますが、「よどみがない様子」という意味でも利用されます。

「なめらかな演説」などと言われます。

icon まとめ

「トントン拍子」という表現は日常的にも使えますのでぜひ覚えておきましょう。

「トントン拍子」でことを進められるように努力したいものです。