意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「頷く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「頷く」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「頷く」という言葉を使った例文や、「頷く」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「頷く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「頷く」とは?意味
  • 「頷く」の表現の使い方
  • 「頷く」を使った例文や短文など
  • 「頷く」の類語や類義語・言い換え


「頷く」とは?意味

「頷く」には、「承諾や同意などの気持ちを表明するため、首を縦に振ること」という意味があります。

  • 「頷く」の読み方

「頷く」の読み方

「頷く」の読み方は、「うなづく」になります。



「頷く」の表現の使い方

「頷く」の表現の使い方を紹介します。

「頷く」には、「承諾や同意などの気持ちを表明するため、首を縦に振ること」という意味があります。

そのため、誰かの意見や提案に対して、承諾や同意の気持ちを伝える様子を見た時などに、「頷く」という言葉を使ってみましょう。

例えば、同僚に仕事の手伝いをお願いされた時、承諾の意味で、首を縦に振ることがあるかもしれません。

このような時に、「手伝いをお願いされ、頷いた」などと「頷く」という言葉を使ってみましょう。

「頷く」を使った例文や短文など

「頷く」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「頷く」を使った例文1
  • 「頷く」を使った例文2

「頷く」を使った例文1

「気になる女性をディナーに誘った時、彼女が『頷く』のを見て、ガッツポーズを取った」

この例文には気になっている女性を夕食に誘った時に、その女性が承諾する意味で首を縦に振るのを見て、嬉しくなりガッツポーズを取ったという意味があります。

このように、「頷く」には、「承諾や同意などの気持ちを表明するため、首を縦に振ること」という意味があります。

好きな異性に対するデートや食事の誘いに対する返事が「頷く」だった時、とてもうれしい気持ちになりそうです。

「頷く」を使った例文2

「取引先の担当者が『頷けば』、大口の契約が取れる」

この例文はビジネスシーンにおける、「頷く」を使った文章になります。

交渉が大詰めになり、後は担当者の了承さえ取れれば、大口の契約を締結できそうだという場面です。

このような時は、担当者の首が盾に動くのを待つのが、もどかしいほどかもしれません。



「頷く」の類語や類義語・言い換え

「頷く」の類語や類似を紹介します。

  • 「首を縦に振る」【くびをたてにふる】
  • 「了承する」【りょうしょうする】

「首を縦に振る」【くびをたてにふる】

「首を縦に振る」には「承知する」「賛成する」という意味があります。

「首を縦に振るまでは、家に帰らない」という言葉には、「承知するまで家に帰る気がない」という意味があります。

「了承する」【りょうしょうする】

「了承する」には、「事情を組んで納得する」という意味があります。

「説明を聞き、了承することを決めた」などという使い方をします。

icon まとめ

「頷く」という言葉について見てきました。

誰かが承諾や同意などの気持ちを表明するため、首を縦に振る様子を見た時、「頷く」という言葉を使ってみましょう。