意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「利する」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「利する」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「利する」という言葉を使った例文や、「利する」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「利する」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「利する」とは?意味
  • 「利する」の表現の使い方
  • 「利する」を使った例文や短文など
  • 「利する」の類語や類義語・言い換え


「利する」とは?意味

「利する」には、「儲かる、利益を得る、有利に働くこと」という意味があります。

また「利益を与えること」という意味もあります。

さらに「有益になること」という意味もあります。

  • 「利する」の読み方

「利する」の読み方

「利する」の読み方は、「りする」になります。



「利する」の表現の使い方

「利する」の表現の使い方を紹介します。

「利する」には、「儲かる、利益を得る、有利に働くこと」という意味があります。

例えば、自分にとってたくさんの利益がある仕事をする時、「利する仕事に携わる」などと「利する」という言葉を使います。

また「利する」には、「利益を与える」という意味もあります。

仕事相手に利益を与えられそうな仕事をする時、「お互いに利する仕事を始める」などという使い方をします。

さらに「利する」には、「有益になること」という意味もあります。

例えば、ある土地を上手に活用しようとする時、「土地を利した、活用を考える」などと「利する」という言葉を使います。

「利する」を使った例文や短文など

「利する」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「利する」を使った例文1
  • 「利する」を使った例文2

「利する」を使った例文1

「この業界で成功すれば、自分のキャリアにとって『利する』ところが多い」

この例文はある業界で成功することが、自分のキャリア形成にとって、大きな利益がある、という意味があります。

このように「利する」には、「儲かる、利益を得る、有利に働くこと」という意味があります。

また「大きな利益がある」という言葉を、「利するところが多い」という言い回しにできます。

「利する」を使った例文2

「戦国時代の武将は、土地を利して、戦うのが上手だ」

この例文は、戦国時代の武将には、土地の特性をうまく用いて戦うのが得意な人がいるという意味があります。

例えば、城の周りに海や湖がある時、その土地の特性を「利して」、水攻めをするような作戦を取れます。

このように「利する」には、「有益になること」という意味もあります。



「利する」の類語や類義語・言い換え

「利する」の類語や類似を紹介します。

  • 「利益を得る」【りえきをえる】
  • 「得をする」【とくをする】

「利益を得る」【りえきをえる】

「利益を得る」には、「儲けが出る、利益を得ること」という意味があります。

「利益を得られる仕事をしたい」という言葉には、「儲けが出る仕事がしたい」という意味があります。

「得をする」【とくをする】

「得をする」には、「利益を得る、儲けること」という意味があります。

「パチンコで2万円得をした」という文章には、「パチンコをして2万円の利益を得た」という意味があります。

icon まとめ

「利する」という言葉について見てきました。

利益があることをする時、誰かに利益を与える時などに、「利する」という言葉を使ってみましょう。