意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「端役」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「端役」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「端役」という言葉を使った例文や、「端役」の類語を紹介して行きます。

端役

Meaning-Book
「端役」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「端役」とは?意味
  • 「端役」の表現の使い方
  • 「端役」を使った例文や短文など
  • 「端役」の類語や類義語・言い換え


「端役」とは?意味

「端役」には、「芝居などで主役でない脇役やちょい役のこと」という意味があります。

  • 「端役」の読み方

「端役」の読み方

「端役」の読み方は、「はやく」になります。



「端役」の表現の使い方

「端役」の表現の使い方を紹介します。

「端役」は、「芝居などで主役でない脇役やちょい役のこと」を意味します。

そのため、映画やドラマなどを見た時に、主役でない役の人が目に入った時、「端役」という言葉を使ってみましょう。

例えば、主役ではないのに、とても輝いている役者を見つけられるかもしれません。

このような時、「彼は端役なのに、主役よりも輝いて見える」などと、「端役」を使った文章にできます。

他にも、映画やドラマ、舞台などで、主役以外の人が気になった時に、「端役」という言葉を使って、その人のことを表現してみましょう。

「端役」を使った例文や短文など

「端役」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「端役」を使った例文1
  • 「端役」を使った例文2

「端役」を使った例文1

「『端役』だが、舞台に立てるのは幸せだ」

この例文は、主役級の役ではないが、舞台に立てるだけで幸せだと感じている人についての文章になります。

このように「端役」は、「芝居などで主役でない脇役やちょい役のこと」を意味します。

まだ芝居を初めて浅い人は、この例文のように、たとえ「端役」であっても、舞台上にいられることが、幸せかもしれません。

「端役」を使った例文2

「彼女は『端役』だが、物語の構成上、重要な役割だ」

この例文は、主役でない女の人が、物語の構成上、重要な役割を担っているという意味があります。

例えば殺人事件の目撃者の役は、主役級の役ではありませんが、犯人を知る上で重要な役になるでしょう。

このように「端役」だからといって、無視をしてもいい存在ということはありません。



「端役」の類語や類義語・言い換え

「端役」の類語や類似を紹介します。

  • 「脇役」【わきやく】
  • 「エキストラ」【えきすとら】

「脇役」【わきやく】

「脇役」には、「映画や演劇などで、主役を引き立て、助演する演技をする人のこと」という意味があります。

「脇役がしっかりしているドラマは面白い」「脇役の演技力が重要」などという使い方をしてみましょう。

「エキストラ」【えきすとら】

「エキストラ」「映画や演劇などで、群衆シーンや通行人などを演じる出演者のこと」を意味します。

「エキストラのバイトに挑戦する」「エキストラでも映画に出られて光栄」などの使い方をします。

icon まとめ

「端役」という言葉について見てきました。

芝居などで主役でない役のことについて話す時、「端役」という言葉を使ってみましょう。