意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「上っ面」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「上っ面」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「上っ面」という言葉を使った例文や、「上っ面」の類語を紹介して行きます。

上っ面

Meaning-Book
「上っ面」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「上っ面」とは?意味
  • 「上っ面」の表現の使い方
  • 「上っ面」を使った例文や短文など
  • 「上っ面」の類語や類義語・言い換え


「上っ面」とは?意味

「上っ面」には、「物の表面」という意味があります。

また「外面」「うわべ」を意味します。

  • 「上っ面」の読み方

「上っ面」の読み方

「上っ面」の読み方は、「うわっつら」になります。



「上っ面」の表現の使い方

「上っ面」の表現の使い方を紹介します。

「上っ面」は、「物の表面」を意味します。

例えば、野球をする時、打者が、投手が投げたボールの上側の表面を打ってしまい、ぼてぼてのゴロになることがあります。

このような時、「打者がボールの上っ面を打って、ゴロになった」などと、「上っ面」を使って状況を説明できます。

また「上っ面」は、「外面」「うわべ」という意味を持ちます。

誰かが本音ではなく、うわべの話をしている様子を見た時に、「彼は上っ面で話をしている」などと「上っ面」を使った文章を作ってみましょう。

「上っ面」を使った例文や短文など

「上っ面」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「上っ面」を使った例文1
  • 「上っ面」を使った例文2

「上っ面」を使った例文1

「事件の『上っ面』だけを見ていても、真相は見えてこない」

この例文は、事件の表面だけ見ていても、真相は見えないという文章になります。

このように「上っ面」は、「物の表面」「外面」「うわべ」という意味があります。

事件に関わる人々の内面や、事件前後の動きなどを丹念に調べないと、事件の真相は見えてこないでしょう。

「上っ面」を使った例文2

「彼女は上司に対する『上っ面』はよいが、やる気が伝わってこない」

この例文は、ある女性の上司に対する外面はいいものの、やる気が伝わらないという文章です。

見かけの愛想はよくても、女性の高いモチベーションを感じられないと、不満を感じられるかもしれません。

「上っ面」よりも、内面の充実を図るよう指導すべきかもしれません。



「上っ面」の類語や類義語・言い換え

「上っ面」の類語や類似を紹介します。

  • 「うわべ」
  • 「外面」【そとづら】

「うわべ」

「うわべ」は、「物事の外に現れて見える姿のこと」を意味します。

「うわべだけの付き合いは、もうやめよう」などという使い方をします。

「外面」【そとづら】

「外面」「物の外側の面」を意味します。

また「他人との応対に見せる、顔つきや態度」という意味もあります。

「彼は外面ばかりいいが、内面はそうでもない」といった使い方をします。

icon まとめ

「上っ面」という言葉について見てきました。

外面、うわべについて話す時、「上っ面」という言葉を使ってみましょう。