意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「秋口」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「秋口」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「秋口」という言葉を使った例文や、「秋口」の類語を紹介して行きます。

秋口

Meaning-Book
「秋口」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「秋口」とは?意味
  • 「秋口」の表現の使い方
  • 「秋口」を使った例文や短文など
  • 「秋口」の類語や類義語・言い換え


「秋口」とは?意味

「秋口」には、「秋の初め」「秋になり始めたばかりの頃」という意味があります。

  • 「秋口」の読み方

「秋口」の読み方

「秋口」の読み方は、「あきぐち」になります。



「秋口」の表現の使い方

「秋口」の表現の使い方を紹介します。

「秋口」は、「秋の初め」「秋になり始めたばかりの頃」を意味します。

そこで、秋の初めや、秋になり始めたばかりの頃について話をする時に、「秋口」という言葉を使ってみましょう。

例えば、秋の初めころは、秋用の服を着るべきか、夏の服のまま出掛けるべきか迷うかもしれません。

服装を間違うと、自分だけ世の中から浮いたような存在になるためです。

このような悩みを、「秋口の服装は、何を着たらいいか分からない」などと、「秋口」を使った文章にしましょう。

「秋口」を使った例文や短文など

「秋口」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「秋口」を使った例文1
  • 「秋口」を使った例文2

「秋口」を使った例文1

「『秋口』というのに、まだ暑く、シャツだけで過ごせる」

この例文は、秋になったというのに、まだ夏のように暑く、シャツ一枚で十分過ごせるという文章になります。

このように「秋口」には、「秋の初め」「秋になり始めたばかりの頃」を意味しています。

ここ10年ほど日本の温暖化が進んでいるため、このような体験をした人も少なくないでしょう。

「秋口」を使った例文2

「『秋口』になると、今年ももう少しで終わりだと考えてしまう」

この例文は、秋の初めころになると、今年も終わりだと考える癖があるという文章になります。

秋の初めは、夏の終わりということでもあるため、夏が終わった喪失感から、「今年も終わりだ」などと思ってしまう人もいるでしょう。

実際には、まだ3か月程度残っているため、様々なことができそうです。



「秋口」の類語や類義語・言い換え

「秋口」の類語や類似を紹介します。

  • 「初秋」【しょしゅう】
  • 「晩秋」【ばんしゅう】

「初秋」【しょしゅう】

「初秋」には「秋の初め」という意味があります。

「初秋ころ、ボーナスが出るらしい」「初秋になって、一気に寒さが増してきた」などという使い方をします。

「晩秋」【ばんしゅう】

「晩秋」には「秋の終わり」という意味があります。

「晩秋になると、なんだか心が寂しくなる」という文章には、「秋の終わりになると、なぜか心が寂しくなる」という意味があります。

「晩秋に東北に旅に行く」「晩秋に引越しをする」などという使い方をします。

icon まとめ

「秋口」という言葉について見てきました。

秋の初めや、秋になり始めたばかりの頃について言葉にする時、「秋口」という言葉を使ってみましょう。