意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「盟主」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「盟主」という言葉をご存知でしょうか?

この言葉は、普段の会話やビジネスシーンで使われることはありません。

しかし、国際ニュースやインターネットのコラムなどで目にすることがあります。

そこで今回は、この「盟主」という言葉にフォーカスして、その意味や使い方を見ていくことにします。

Meaning-Book
「盟主」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「盟主」の意味
  • 「盟主」の表現の使い方
  • 「盟主」を使った例文と意味を解釈
  • 「盟主」の類語や類義語


「盟主」の意味

「盟主」とは、「同盟の中心となる者」「同盟の主宰者」という意味を持つ言葉です。

  • 「盟主」の読み方

「盟主」の読み方

「盟主」「めいしゅ」という読み方になりますが、日常的な会話の中では、あまり使われないので、ここでしっかりとチェックしておくことにしましょう。



「盟主」の表現の使い方

「盟主」とは、「同盟の中心となる者」という意味になりますので、政治の世界やグローバルな世界のニュースなどで使われることがあります。

「チャールズ皇子が、連邦の盟主に就いた」というような使い方になります。

「盟主」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「盟主」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「盟主」を使った例文1
  • 「盟主」を使った例文2

「盟主」を使った例文1

「盟主の地位に就いた皇子は、域内の安定を憂いて、あらゆる政策を打つことにしたのです」

地域内の指導者としての立場にある人は、その土地の平和と繁栄を願って、様々な政策を講じたり、それまでの悪習を断ち切って、新たな仕組み作りをしようとするでしょう。

それがたとえ長い月日が必要だとしても、決して信念を曲げずに、根気よく続けることができる人こそ、真の「盟主」と言えるのです。

「盟主」を使った例文2

「日本は足元の盟主たるべき国として、これから、グローバルな視点で物事を考えなければならない」

「盟主」とは、必ずしも人だけを指すのではありません。

この例文に見るように国家も「盟主」として、表現することがあります。

ここで日本がアジアの「盟主」となっていますが、決して軍事的な強さや経済規模の「盟主」ではありません。

アジアの繁栄を牽引役としての「盟主」の位置付けで活躍することが、日本の果たすべき役割と思います。



「盟主」の類語や類義語

「盟主」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「リーダー」
  • 「首脳」【しゅのう】

「リーダー」

「リーダー」「盟主」に近い意味を持つ類義語として扱うことができるでしょう。

「指導者」「首領」という意味で使われていますが、強いリーダー像とは、誰からも信頼され、どのような困難な状況下にあっても、決して弱音を吐かずに、前向きな姿勢を持っている人になります。

「首脳」【しゅのう】

「首脳」という言葉も「盟主」の類義語として挙げることができます。

主に「政府・会社などの団体の中心になって活動する人」としての理解になります。

icon まとめ

「盟主」というフレーズには、とても力強く、清廉なイメージを持つリーダーとしての風格があるように聞こえます。

今はグローバル規模で様々な出来事が起こる時代なので、このような「盟主」の登場が待ち望まれます。