意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「逃げ続ける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「逃げ続ける」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「逃げ続ける」という言葉を使った例文や、「逃げ続ける」の類語を紹介して行きます。

逃げ続ける

Meaning-Book
「逃げ続ける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「逃げ続ける」とは?意味
  • 「逃げ続ける」の表現の使い方
  • 「逃げ続ける」を使った例文や短文など
  • 「逃げ続ける」の類語や類義語・言い換え


「逃げ続ける」とは?意味

「逃げ続ける」には、「自分が不利になる状況を避ける為に、追ってから逃亡し続けること」という意味があります。

  • 「逃げ続ける」の読み方

「逃げ続ける」の読み方

「逃げ続ける」の読み方は、「にげつづける」になります。



「逃げ続ける」の表現の使い方

「逃げ続ける」の表現の使い方を紹介します。

「逃げ続ける」には、「自分が不利になる状況を避ける為に、追ってから逃亡し続けること」という意味があります。

そこで、誰かが捕まらないように、追ってくるものの力が及ばない場所に身を置き続けている様子を見た時、「逃げ続ける」という言葉を使ってみましょう。

例えば、夕方のニュースなどを見ていると、野生動物が街中に出没し、捕まえようとする警察や、市区町村の係から、捕まらないようにしている様子を見られます。

この野生動物の様子は、「警察や係の人から、捕まらないよう逃げ続ける野生動物」などと「逃げ続ける」という言葉を使った文章にできます。

「逃げ続ける」を使った例文や短文など

「逃げ続ける」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「逃げ続ける」を使った例文1
  • 「逃げ続ける」を使った例文2

「逃げ続ける」を使った例文1

「鬼ごっこに勝つコツは、鬼から視線を外さず、『逃げ続ける』ことだ」

この例文は、鬼ごっこに勝つコツは、鬼役の人から視線を外さないで、捕まらないような場所に身を置き続けることだという意味があります。

このように「逃げ続ける」には、「自分が不利になる状況を避ける為に、追ってから逃亡し続けること」という意味があります。

鬼から視線を外してしまうと、意外な場所から鬼が登場し、捕まってしまうかもしれないためです。

「逃げ続ける」を使った例文2

「逃走した犯人が、変装を繰り返し、『逃げ続ける』」

この例文は、刑務所から逃走した犯人が、変装を繰り返しながら、捕まらない場所に身を置き続ける様子を文章にしたものです。

逃走犯の中には、変装だけでなく、整形して顔を変えて、「逃げ続ける」人もいます。



「逃げ続ける」の類語や類義語・言い換え

「逃げ続ける」の類語や類似を紹介します。

  • 「走り続ける」【はしりつづける】
  • 「避け続ける」【さけつづける】

「走り続ける」【はしりつづける】

「走り続ける」には、「立ち止まる事なく、常時走っていること」という意味があります。

「高速道路を走り続ける」「マラソンレースで、立ち止まる事なく、走り続ける」などという使い方をします。

「避け続ける」【さけつづける】

「避け続ける」には、「物事に関わることで、不都合や不利益が生じると予測される物事から、距離を置き続けること」という意味があります。

「面倒な友達から、避け続ける」などという使い方をします。

icon まとめ

「逃げ続ける」という言葉について見てきました。

捕まらないように、追ってくるものの力が及ばないところに身を置き続ける様子を見た時に、「逃げ続ける」という言葉を使ってみましょう。